レシピ

長芋と納豆の春巻き梅肉ソース添え


メイン+α 簡単、おいしい、栄養バッチリ わが家の定番おかず

長芋と納豆の春巻き梅肉ソース添え

青じそ風味と梅肉ソースが食欲をそそる逸品

軽く火が通った長芋の食感と、納豆の風味がマッチした新感覚の春巻きです。
中に加えた青じそと、梅干しのソースが味のアクセントになっています。

<栄養価(1人分)> エネルギー……216kcal 塩分……1.0g

材料

(4人分)

長芋 200g 7~8mm角に切る A
納豆 2パック 約90g
納豆のたれ 2パック分 なければ、めんつゆを小さじ2程度
釜揚げしらす 40g
青じそ 6枚 みじん切り
春巻きの皮 8枚
小麦粉 適量 同量の水で溶く B
揚げ油 適宜
レタス 適宜 食べやすい大きさにちぎる

梅肉ソース ※下記材料を混ぜ合わせる

梅干し 中1個 種を取り除き、包丁で細かくたたく  
みりん 小さじ2  
ぽん酢 小さじ1  

作り方

  1. Aの材料をボールに入れてよく混ぜ合わせておく。
  2. 1.を8等分して、春巻きの皮で包み、巻き終わりの部分にBをつけて閉じる。
  3. 160度の油で3~4分、皮がきつね色になるまで揚げる。
  4. 器に盛り、レタス、梅肉ソースを添える。

ポイント

揚げるときは、フライパンに深さ1cm程度の油を注ぎ、春巻きを並べて低温から揚げ始めると、
形が崩れにくく、きれいに仕上がります。
中の具を炒める手間がなく、食材も火通りが良いものなので、
皮がこんがりときつね色になったら、出来上がりです。

おすすめ献立

◆さやいんげんとささみのからしマヨネーズあえ+冬瓜のみそ汁

主菜は納豆に含まれる植物性たんぱく質が中心なので、副菜のささみで、動物性たんぱく質を補います。
ささみは、レンジで蒸した後ほぐして、ゆでたさやいんげんと一緒に和えます。
さやいんげんには、β-カロテンが多く含まれています。
旬の冬瓜を使ったみそ汁も添えて、夏の疲れを取りましょう。

料理とスタイリング こだまみえさん

管理栄養士・フードコーディネーター。
おいしい、やさしい、ヘルシーをコンセプトに料理を提案

「リビングおかやま」2014年7月12日号掲載

ページトップ