レシピ

VOL.80 仔羊と「う」付き食材・みそダレ共焼き


四季ごよみ 食彩

仔羊と「う」付き食材・みそダレ共焼き

仔羊と「う」付き食材・みそダレ共焼き
こひつじとうつきしょくざい・みそだれともやき

 猛暑が続き、心身ともに健康な毎日を過ごすことは大変です。昔から夏の暑さに負けないためには、「う」の付く食材が良いといわれています。食材で「う」の付くものを探してみましょう。さて、今回は「仔羊と〝う〞付き食材・みそダレ共焼き」です。オージー・ラムは生後1年未満の仔羊で癖が少なく、ほかの食材との調和も良好。体脂肪を燃やすカルニチンを豊富に含んでいます。香辛料を多めに使い、焼ダレにも変化を付けました。

■材料など(4人分)

オージー・ラム 300g
ビーフン 2束
トウモロコシ 1本
ゴーヤ(ニガウリ) 1本
ニンジン(小) 1本
太モヤシ 1パック
新ショウガ 80g
小麦粉 適量
2個
適量
コショウ 適量
適量
揚げ油 適量
唐辛子 3本
ニンニク 2個
らっきょう甘酢漬け 3粒
むき小エビ 16尾

■焼き物ダレ(A)

みりん 大さじ3
しょう油 大さじ3
ごま油 小さじ1
レモン汁 大さじ1/2
ショウガおろし汁 大さじ1/2
赤みそ 大さじ4
砂糖 大さじ2
大さじ2

ボウルに全部入れ、よく混ぜ合わせてから加熱する

■下ごしらえ

オージー・ラムは厚さ5㎜にスライスしてバットに取り、酒を振りかけてしばらく置き、焼き物ダレ(A)に約10分浸しておく。

■ワンポイント

余った焼ダレは、煮沸した容器に入れて保存すれば、ほかの焼き物料理にも使える。

■作り方

  1. 熱したフライパンに揚げ油を敷き、ラムの両面を中火で七分通り火を通しておく。
  2. ビーフンは、塩適量と揚げ油大さじ2程度を加えたたっぷりのお湯に入れ、固めにゆで、ざるに上げ、
    縦8㎝、横11㎝、厚さ1㎝の形に整え、両面に小麦粉を振りなじませ、溶き卵をはけで塗る。
  3. トウモロコシは粒を取っておく。ゴーヤは縦半分に切り、中の種をスプーンで取り除き、
    厚さ2㎜で斜めスライスにする。
  4. ニンジンはマッチ棒大に切り、冷水に入れてシャキッとしたら水を切る。
    太モヤシはひげを取り除き、水洗いする。
  5. 新ショウガは千切り(針ショウガ)にして冷水にさらし、唐辛子は糸状に切り糸唐辛子を作る。
    らっきょうは薄くスライスしておく。ニンニクはスライスしてカリカリに炒める。
  6. 揚げ油を150度に熱し、3.4.、ゴーヤ、むき小エビを入れ、火の通りを見ながらさっと揚げ、
    2.に載せ、さらにその上にラムを載せる。その後、150度に熱したオーブンで10~15分焼き、
    様子を見ながら焼きダレをラム表面にはけで数回塗る。
  7. 焼き上がったら皿に取り、糸唐辛子、針ショウガ、刻みらっきょうを盛り付ける。

筆者 室山哲雄さん

昭和43年西日本調理師学校設立以来、西日本調理製菓専門学校、岡山医療技術専門学校、インターナショナル岡山歯科衛生専門学校、通所介護施設「あいざたっち」を設立。平成18年学校法人本山学園理事長・校長就任。26年学園長・校長就任。マイスター、ハラール調理師所持。現在に至る

「リビングおかやま」2018年7月28日号掲載

ページトップ