レシピ

鶏だしのおでん


 

鶏だしのおでん

 

義母直伝おでんは
鶏のうまみたっぷり

 わが家のおでんは義母から伝わる味、濃厚な鶏のうまみたっぷりのおでんです。気軽に作れるよう、昆布とかつおの顆粒だしで作るレシピにしました。

鶏だしのおでん

材料(4人分)

鶏手羽先 12本程度
2リットル
昆布だし(顆粒) 大さじ2
かつおだし(顆粒) 大さじ2
しょうゆ 1/2カップ
1/2カップ
お好みのおでんの具 適量 ※ゆで卵、下ゆでしたダイコンやこんにゃく、練り物等
練りからし 適量

作り方

  1. 鶏手羽先は塩大さじ1(分量外)を全体にすりこみながらぬめりや汚れを落とす。10分程度そのまま置いた後、水洗いする。
  2. 大きめの鍋に1.の鶏と分量の水と昆布だしを入れて強火で加熱する。沸騰したら中火にし、アクがなくなるまで丁寧にすくいながらだしをとる。
  3. 2.のだしが澄んできたらお好みの具としょうゆと酒を入れる。再沸騰したら弱火にして、かつおだしを入れる。落としぶたをして弱火でじっくりと煮込む。
  4. 「 煮る⇒火をとめて冷ます」を2~3回繰り返すと、じっくりと味がしみ込む。味見をして、しょうゆやみりん(分量外)で味を調えるとよい。食べる前に温めて練りからしを添える。
おいしさのポイント!
昆布だしは最初に鶏と一緒に入れて煮出して、鶏と昆布のだしをしっかりととります。
かつおだしは後で入れると香りよく仕上がります。顆粒だしは塩分無添加のものを使用しています。添加されている場合は味見をして、しょうゆの分量で調整してください。

作り方

  1. 白菜とニンジンは4㎝長さの細切りにして塩をまぶしてしばらく置き、出てきた水分をしっかりと絞る。
  2. ボウルにAを混ぜ合わせて1.を入れて和える。

※旬の白菜がたっぷり食べられるサラダ。柚子の絞り汁やレモンの絞り汁など、柑橘系の爽やかな香りと合います

かめ代さん

料理・スタイリング

かめ代さん(亀山 泰子)

料理家。丁寧で分かりやすいレシピに定評があり、ほっとする優しい味付けに「安心して作れる」というファンが多い。雑誌やウェブの連載などでも活躍中

「リビングおかやま」「リビングくらしき」2017年12月9日号 「リビングおかやま」2017年10月21日号 掲載

ページトップ