こちらのページは10月31日(水)をもちまして更新を停止いたします。今後は新サイトでの更新・受付となります。※こちらのページをブックマークされている方は新しいページをブックマークに追加してください。
「リビング岡山Web」のページはこちらから 新しいカルチャー倶楽部のページはこちらから

レシピ

つぶつぶブドウジャム/まるごとブドウジャム


教えて、こだまさん!!お悩み解決レシピ

つぶつぶブドウジャム/まるごとブドウジャム

つぶつぶブドウジャム/
まるごとブドウジャム

秋が旬のブドウを使った
ジャム2種を紹介

<栄養価(おのおの・全量)>

エネルギー…341kcal
食塩相当量…0g

ジャムやコンポートが簡単に作れる方法が知りたいです。(J.K)

 ジャム作りのポイントは①大量に作らない(果物500gが目安)②ホーローかステンレス製の直径20㎝程度の鍋を使う③砂糖はグラニュー糖を使い、果物の重量の20~40%を目安に加える(果物の糖度や酸味によって変える)の3つ。また、コンポートはジュースやワインなどを使って作ると簡単で風味豊かに作れます。どちらも長時間煮込むと風味が悪くなるので、なるべく短時間で仕上げます。今回紹介するレシピは、糖分控え目なので1週間を目安にお召し上がりください。

つぶつぶブドウジャム

ぷるっとした粒の食感が楽しめる

材料(作りやすい分量)

ブドウ 1/2房(約250g)※種のあるブドウの場合は、半分に切って種を取り除く
グラニュー糖 50g(ブドウの重量の20%)

作り方

  1. ブドウを半分に切り、枝に付いていた部分に近い皮を少し切り落とす
    (煮ている時に皮が外れやすくなる)。
  2. 鍋に1.とグラニュー糖を入れて、木じゃくしなどでさっと混ぜ合わせたら、ふたをして弱火で2分程度加熱する。ブドウから水分が出てきたら、ふたを外して弱めの中火で12~15分、時々混ぜながら煮る。ブドウが煮えてきたら、皮がはがれてくるので、菜箸などで取り除き、汁気がほとんど無くなるまで煮る。
  3. ジャムの粗熱が取れたら、清潔な瓶などに移し入れて冷まし、冷蔵庫で保存する。

※写真はシャインマスカットを使用。コッペパンにジャムとホイップクリームを挟んで、フルーツコッペサンドに。

まるごとブドウジャム

皮の部分も丸ごと使うので、ポリフェノールたっぷり

材料

つぶつぶブドウジャムと同じ

作り方

  1. ブドウはミキサーに入れてかくはんし、ジュース状にする。
  2. 鍋に1.とグラニュー糖を入れて中火にかける。沸騰したらアクが浮いてくるので、玉じゃくしなどを使って取り除く。火を少し弱めて、ふつふつとした状態を保ち、時々混ぜながら15分程度煮て、とろりとした状態になったら火を止める。
  3. ジャムの粗熱が取れたら、清潔な瓶などに移し入れて冷まし、冷蔵庫で保存する。

※写真はニューピオーネを使用。冷たい牛乳にお好みの量のブドウジャムを混ぜれば、ブドウミルクのできあがり。

ブドウと秋なすの
コンポート

 鍋にブドウ150gと一口大に切ったナス100g、リンゴジュース100ml、レモン汁大さじ1、グラニュー糖40gを入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして15分、時々混ぜながら煮る。

※紫色に仕上げたいときは、ナス、ブドウ(ピオーネなど)とも皮付きで、上記のジャム同様、煮ながらブドウの皮を取り除く。
 グリーン系に仕上げたいときは、ナスの皮をむき、ブドウはマスカット系を使うか、皮をむいて使う。

こだまみえさん

料理・スタイリング・撮影

こだまみえさん

岡山県出身。管理栄養士・フードコーディネーター。幅広い世代への栄養・食生活アドバイスの経験を活かし、旬の食材で手軽に作れる『健康レシピ』を提案。趣味は写真と雑貨屋めぐり

「リビングおかやま」2018年9月8日号掲載

ページトップ