レシピ

里芋のジャーマンポテト


食卓にお弁当に役立つ常備菜

里芋の
ジャーマンポテト

ほっこり食感のサトイモを香ばしい
炒め物に。おつまみや
サイドディッシュにもオススメ

<栄養価>1/4量
エネルギー…176kcal 塩分…0.5g

保存方法/冷蔵
保存の目安/4日

<材料>4人分

サトイモ 正味400g 皮をむき、7~8㎜の厚さの輪切りにして水洗いし、ぬめりを取る
ニンニク 1かけ みじん切り
ベーコン 60g 1㎝幅の短冊切り
玉ネギ 1/2個 うす切り
大さじ1
バター 10g
少々
粗挽き黒コショウ 少々 ※なければ普通のコショウでも可
パセリ 適量 みじん切り

<作り方>

  1. 水気を切ったサトイモを耐熱皿に入れてラップをふんわりとかけ、
    電子レンジ(500w)で6~7分加熱し、やや硬めに火を通しておく。
  2. フライパンに油、ニンニク、ベーコンを入れて中火で炒める。
    良い香りがしてきたら、玉ネギも加えて炒め、しんなりとしてきたら、サトイモを加えて混ぜる。
    フライパンにふたをして弱火にし、時々混ぜながら6~7分程度蒸し焼きにしてサトイモに火を通す。
  3. ふたを取って、バターを加えて中火にして炒め、全体に香ばしい焼き色が付いたら、
    塩・コショウで味を調える。火を止めてパセリを混ぜ、器に盛る。

<栄養などポイント解説>

 秋から冬にかけて旬を迎えるサトイモ。サトイモの粘りは、水溶性食物繊維のガラクタンとムチンによるもので、滋養強壮や胃腸の調子を整える働きがあります。

 サトイモといえば和のイメージですが、油との相性も良いので、今回のように炒めて食べる方法もおすすめです。そのまま炒めると時間が掛かるので、電子レンジで7~8割程度火を通しておけば、炒めるときに崩れにくく、栄養素も逃しません。

 アレンジ方法もいろいろ楽しめます。つぶして衣を付けて油で揚げればコロッケに、マヨネーズとプレーンヨーグルトを同量ずつ混ぜ合わせたドレッシングで和えればクリーミーな里芋サラダも作れますよ。

カマンベールチーズ、卵、生クリームでミニキッシュ

ミニキッシュ

<材料>マドレーヌカップ8個分
  • 里芋のジャーマンポテト・・200g
  • カマンベールチーズ・・・・・・1個(約100g)※16等分に切る
  • 卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2個
    混ぜ合わせる
    生クリーム・・・・・・・・・・・・・1カップ(200ml)
    塩・コショウ・・・・・・・・・・・・各少々
<作り方>

(1)マドレーヌカップにジャーマンポテトとチーズを入れ、Aを流し入れる。

(2)200度に温めておいたオーブンで、表面に焼き色が付くまで15分程度焼く。

 ※マドレーヌカップは100円ショップでも購入可。小さな型でたくさん焼けば、
 ピクニックや持ち寄りパーティーなどにも便利です

料理・スタイリング・撮影 こだまみえさん

管理栄養士・フードコーディネーター。おいしい、やさしい、ヘルシーをコンセプトに料理を提案

「リビングおかやま」「リビングくらしき」2016年11月5日号掲載

ページトップ