レシピ

牛肉とごぼうのうま塩しぐれ煮


食卓にお弁当に役立つ常備菜

牛肉とごぼうの
うま塩しぐれ煮

シンプルな塩味だから、牛肉の
うま味とごぼうの風味が活きてきます

<栄養価(1/6の量)>
エネルギー…175kcal 塩分…0.7g

保存方法/冷蔵
保存の目安/5日

<材料>作りやすい分量(約6人分)

牛こま切れ肉 300g
小さじ2/3 A
日本酒 大さじ2
みりん 大さじ1
おろしショウガ 大さじ1/2
ゴボウ 1/2本(約100g) ささがきにする
大さじ1/2
だし汁 カップ1/2(100ml)

<作り方>

  1. ポリ袋に牛肉とAの調味料を入れてよくもみ、下味を付ける。
  2. フライパンか厚手の鍋に油を入れて火にかけ、中火で1.を焼く。
    肉に火が通ってきたら、ゴボウも加えて混ぜながら炒める。
  3. ゴボウに油がなじんできたら、だし汁を加え、2~3分汁気がなくなるまで煮る。

※温かいご飯にしぐれ煮を乗せ、お好みで三つ葉や刻みワサビ、いりゴマなどを振っていただきます。最後にすまし汁程度に味付けしただし汁をかけて、だし茶漬けにするのもオススメ

<栄養などポイント解説>

 塩は精製塩よりも天然塩(にがり成分の多いもの)を使うとミネラル分が多く含まれているので、うま味がさらにアップします。シンプルな塩味だからこそ、ぜひ「塩」にもこだわって作ってみてください。ゴボウには食物繊維だけでなく、抗酸化作用のあるポリフェノールが多く含まれています。下処理の際、長時間水につけず、水洗いする程度にして調理しましょう。ゴボウのささがきが面倒なら、縦半分に切ったゴボウを斜め薄切りにして使っても構いません。

トマトと万能ねぎでうま塩トマトすき焼き

うま塩トマトすき焼き

<材料>2人分
  • 牛肉とごぼうのうま塩しぐれ煮・・・1/2量
  • トマト・・・・・・・・・大1個(皮を湯むきし、半月切り)
  • 万能ネギ・・・・・・・5~6本(4~5㎝長さに切る)
  • だし汁・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量 A
    塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
    (すまし汁程度に味付けをしておく)
    日本酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
<作り方>

鍋にしぐれ煮、トマト、ネギを並べ、Aをひたひたになるくらいに注ぎ、火にかける。
沸騰したら弱火にし、2分程度煮る。やわらかくなったトマトを肉にからめながらいただく

料理・スタイリング・撮影 こだまみえさん

管理栄養士・フードコーディネーター。おいしい、やさしい、ヘルシーをコンセプトに料理を提案

「リビングおかやま」「リビングくらしき」2016年3月12日号掲載

ページトップ