レシピ

巣ごもりジュリエンヌスープ


食卓にお弁当に役立つ常備菜

巣ごもり
ジュリエンヌスープ

野菜たっぷりスープは、朝ごはんやブランチにも。栄養バランスもばっちり

<栄養価>1/4量
エネルギー…114kcal 塩分…1.5g

保存方法/冷蔵
保存の目安/3日

<材料>4人分

玉ネギ 1/2個(約100g) 薄切り
ニンジン 1/3本(約50g) 千切り
キャベツ 1/8個(約150g) 千切り
セロリ 10㎝(約50g) すじを取って、千切り
絹サヤ 4枚 ゆでて千切り
コンソメの素(固形) 2個(顆粒なら小さじ4)
カップ4(800ml)
白ワイン 大さじ1 ※日本酒でも可
しょうゆ 小さじ1/2
こしょう 少々

<ポーチドエッグ>

4 個

※直径20㎝くらいの鍋に水1ℓを入れて沸でくるくると混ぜて渦を作り、その中心にあらかじめ器に割っておいた卵1 個を落とす。
 軽くふつふつするぐらいの火加減で2~3分静かにゆでたら網じゃくしですくい取り、軽く水気をキッチンペーパーでふく。同様に残りの卵もゆでる。市販の温泉卵でも代用可

<作り方>

  1. 鍋にAと野菜(絹サヤを除く)を入れて火にかける。
    沸騰したらアクを取って火を弱め、5分程度、ふたをしないで煮込む。
  2. しょうゆ、こしょうで味を調え、器に盛り、絹サヤとポーチドエッグを飾る。

※保存時、絹サヤは別の容器で保存。ポーチドエッグは食べる直前に作りましょう

<栄養などポイント解説>

 ジュリエンヌとはフランス語で千切りのことです。一皿で90gくらいの温野菜が食べられるので、野菜を手軽に補いたいときのメニューとしてもおすすめです。

 作り方のポイントは、ふたをせずに野菜を水から煮込むこと。こうすることで素材のうま味をスープの中に引き出すとともに、野菜独特の匂いが和らいでおいしく仕上がります。

 材料は旬のものを組みに合わせて、アレンジできます。お好みで、やや太めの千切りにしたジャガイモや細切りにしたきのこ類などを加えるのも良いでしょう。

ビーツと牛肉でボルシチ風スープ

ボルシチ風スープ

<材料>2人分
  • ジュリエンヌスープ・・・1/2量 ※絹サヤと卵は使わない
  • 牛肉(こま切れ)・・・・・100g(一口大に切る)
  • おろしニンニク・・・・・・・小さじ1/2
  • 油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
  • ビーツ(水煮)・・・・・・・1 個分(約50g)(太めのせん切り)
  • トマトケチャップ・・・・・大さじ1
  • プレーンヨーグルト・・・適量
    (軽く水切りしたものやギリシャヨーグルトなど濃厚なものがおすすめ)
  • パセリ・・・・・・・・・・・・・・・適宜
<作り方>

(1)鍋に油を熱し、牛肉、おろしニンニクを炒める。軽く色付いたら、ジュリエンヌスープ、
   ビーツ、ケチャップを加え、沸騰したら火を弱めて3分くらい煮る。

(2)器に(1)を盛り付け、ヨーグルトとパセリを添える。

料理・スタイリング・撮影 こだまみえさん

管理栄養士・フードコーディネーター。おいしい、やさしい、ヘルシーをコンセプトに料理を提案

「リビングおかやま」「リビングくらしき」2017年2月4日号掲載

ページトップ