レシピ

ボロネーゼ


食卓にお弁当に役立つ常備菜

ボロネーゼ

市販のトマトソースを使って
煮込み時間を短縮!
大人のための本格派ミートソース

<栄養価>1/4量 ※パスタは除く
エネルギー…317kcal 塩分…2.1g

保存方法/冷蔵
保存の目安/ 5日
冷凍なら4週間

<材料>4~5人分

合いびき肉 300g
ニンニク 1かけ(みじん切り)
ベーコン 50g(みじん切り)
玉ネギ 1個(みじん切り) A
ニンジン 1/3本(みじん切り)
セロリ 1/3本(みじん切り)
マッシュルーム 6個(5㎜厚さに切る)
トマトソース(缶) 1缶(約300g)
カップ1/2
赤ワイン 50ml(なければ白ワインか日本酒でも可)
ハーブソルト 小さじ1(なければ塩小さじ1/2で代用)
コショウ 少々
オリーブ油 大さじ1

<作り方>

  1. 厚手の鍋にオリーブ油とニンニクとベーコンを入れて中火にかけ、香りが出てきたらAの野菜を炒め、ハーブソルト・コショウをふる。
    野菜がしんなりしてきたら合いびき肉を加えて、火が通るまで炒める
  2. 赤ワインを加えて強火にし、30秒ほど煮立ててから、マッシュルーム、トマトソース、水を加えて沸騰したら火を弱め、野菜がやわらかくなるまで、10~15分煮込む
  3. 塩・コショウ(分量外)で味を整えて、火を止める。

※ゆでたてのパスタをボロネーゼであえて、粉チーズとみじん切りにしたパセリをふる
(写真はペンネを使用)

<栄養などポイント解説>

 トマトの赤い色はリコピンといわれる色素で、赤いものほど抗酸化作用が強くなり、老化予防の効果も高くなるといわれています。トマトソースはトマトを煮詰めて作っているので、栄養素もうまみもぎゅっと濃縮されています。トマトソースが無いときは、トマトの水煮缶(約400g)でも代用できます。その際は、トマトを泡立て器などでよくつぶして加えて、ふたをせずに40分~50分くらい煮詰め、最後に塩(トマトソース使用時よりも若干多め)で味を調えます。

 食べ方のアレンジは自由自在。ごはんにかけて、レタスとトマト、チーズを添えれば即席タコライスに。パンには挟んでホットサンドにするのもオススメです。パスタは太めのものと相性がいいですよ。

ジャガイモとピザ用チーズでポテトグラタン

ポテトグラタン

<材料>2人分
  • ボロネーゼ・・・・・・・・・・・・・・200g
  • ジャガイモ・・・・・・・・・・・・・・2個
    (皮付きのままラップでくるんで、電子レンジ500W で4 分加熱し、そのまま5 分くらい蒸らしておく)
  • ピザ用チーズ・・・・・・・・・・・・30g
<作り方>

ジャガイモは、皮をむいて5㎜厚さに切り、グラタン皿に半量を並べ、その上にボロネーゼの半量をのせる。
残りのジャガイモを並べ、その上にボロネーゼの残りをのせ、ピザ用チーズをのせ、オーブントースターでチーズがとろけるまで焼く

料理・スタイリング・撮影 こだまみえさん

管理栄養士・フードコーディネーター。おいしい、やさしい、ヘルシーをコンセプトに料理を提案

「リビングくらしき」2016年9月3日号掲載「リビングおかやま」2016年9月10日号掲載

ページトップ