レシピ

たけのこシュウマイ


食卓にお弁当に役立つ常備菜

たけのこシュウマイ

タケノコをシュウマイの皮にしました
フライパンで蒸すのでお手軽です

<栄養価(1/4の量)>
エネルギー…217kcal 塩分…1.2g

保存方法/冷蔵
保存の目安/5日

<材料>20個分(約4人分)

無頭エビ(バナメイエビ等) 10尾(正味100g) ※殻と背ワタを取り、粗みじんに切る
豚ひき肉 200g 
玉ネギ 1/2個(約100g) ※みじん切りにし、かたくり粉をまぶす
かたくり粉 大さじ1
おろしショウガ 小さじ1 A
鶏ガラスープの素 小さじ1
しょうゆ 大さじ1
大さじ1
ごま油 大さじ1/2
こしょう 少々
ゆでタケノコ 小1本(約200g) ※5㎜幅の短冊切りにし、かたくり粉をまぶす
かたくり粉 大さじ2
ごま油 大さじ1/2 

<作り方>

  1. 厚手のポリ袋にエビ、豚ひき肉とAの調味料を入れ、袋の外からしっかりもんで、
    全体をよく混ぜ合わせる。
    次に玉ネギを加えて、よく混ざったら、生地を袋の端に寄せて空気を抜いておく
  2. バットにタケノコを広げて、1.の袋の角を切り落とし、生地を20等分に搾り出す。
    生地にタケノコをまぶして、ボール状になるように握って形を整える。
  3. フライパンにごま油を引き、2.を等間隔に並べて、中火にかける。
    ジューッという音が出始めたら、水カップ2/3(分量外)を入れてふたをし、8分程度蒸す。
  4. 器に盛り付け、好みで酢しょうゆか、ぽん酢しょうゆ、練りがらし(分量外)を添える

<栄養などポイント解説>

 タケノコをシュウマイの皮の代わりに使うので、なるべく薄い短冊切りにすると、生地にくっつきやすく、きれいな形に整います。また、タケノコに片栗粉をまぶしておくと、生地からはがれにくくなり、さらに加熱したときにうまみを閉じ込めてくれる働きをしてくれます。

 タケノコにはチロシンという疲労回復効果のある成分が含まれていて、エビに含まれるタウリンにも同様の効果があるといわれています。春はストレスも多く、疲れがたまりやすい時季なので、バランスのよい食生活を心掛けましょう。

卵とニラで、酸辣湯(サンラータン)に

酸辣湯(サンラータン)

<材料>2人分
  • たけのこシュウマイ・・・・・・6個(電子レンジ等で温めておく)
  • 卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個(割りほぐす)
  • ニラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2~3本(長さ3㎝に切る)
  • 鶏ガラスープの素・・・・・・・・小さじ2 A
    水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・カップ2
  • しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
  • かたくり粉・・・・・・・・・・・・・・小さじ1(大さじ1 の水で溶く)B
  • 酢・ラー油・・・・・・・・・・・・・・・各適量
<作り方>

①鍋にAを入れて火にかけ、沸騰したらBを加えてとろみを付け、溶き卵を回し入れる。
 卵に火が通ったら、ニラとしょうゆを加えて火を止める。

②器にシュウマイを盛り付け、その上から①を注ぐ。
 食べる直前に酢(1人分につき小さじ1程度)とラー油少々を加え、軽く混ぜていただく

料理・スタイリング・撮影 こだまみえさん

管理栄養士・フードコーディネーター。おいしい、やさしい、ヘルシーをコンセプトに料理を提案

「リビングおかやま」「リビングくらしき」2016年4月2日号掲載

ページトップ