レシピ

けんちん豆腐


食卓にお弁当に役立つ常備菜

けんちん豆腐

身近な食材をちょっと
おめかしして、おせち料理や
オードブルにも使える一品に

<栄養価>1/4量
エネルギー…97kcal 塩分…0.9g

保存方法/冷蔵
保存の目安/3日

<材料>4人分

木綿豆腐 1/2丁(約150g) キッチンペーパーに包んで水切りし、手で粗くつぶす
2個 溶きほぐす
乾燥キクラゲ 1枚 ぬるま湯で戻し、粗みじん切りにする
カニ風味かまぼこ 60g 縦3~4つに割いて、1㎝幅に切る
ミツバ 5本 1㎝長さに切る
さとう 小さじ2 A
しょうゆ 小さじ2
大さじ1/2

<作り方>

  1. フライパンに油を熱し、豆腐を入れて中火で2分程度炒め、しっかり水分を飛ばす。
  2. Aを加えて全体を混ぜ合わせたら、キクラゲ、かまぼこ、ミツバも加えて、さっと炒める。
    火を弱めて溶き卵を流し入れ、全体をかき混ぜながら、卵が半熟状になるまで3分程度炒め、
    火を止める。
  3. 30㎝角に切ったラップの上に2.を20㎝くらいの長さの棒状になるように置き、
    ラップで包んで両端をねじり棒状にまとめる。
    これを耐熱皿に乗せ、電子レンジ(500W)で2分程度加熱する
    (ラップがぷっくりと膨らむ程度が加熱の目安)。
  4. 電子レンジから取り出し、熱いうちに巻きすできっちりと巻き、両端を輪ゴムで止めて冷ます。
    人肌に冷めたら冷蔵庫で2時間から半日程度冷やす。

※盛り付けるときは、ラップに包んだまま包丁で切ると形がくずれにくい

<栄養などポイント解説>

 卵の黄色の彩りはおせち料理にもぴったりです。豆腐をたっぷり使って量を増やしているので、コレステロールが気になる方にもおすすめです。また、カニ風味かまぼこを使うことで、だしを入れなくてもうまみの効いた味に仕上がります。

 そのまま食べても美味しいですが、ひと工夫でごちそうアレンジも可能。鶏肉や白身魚を観音開きにして、しょうゆ、みりんなどで下味を付けておきます。作り方2.まで準備したけんちん豆腐を中にはさんで蒸せば「けんちん蒸し」、オーブン等で焼けば「けんちん焼き」が完成。ぜひ、お試しください。

ネギ、めんつゆ、温かいごはんでけんちん豆腐のあんかけ丼

けんちん豆腐のあんかけ丼

<材料>2人分
  • けんちん豆腐・・・・・・・・・・1/2量(食べやすい大きさに切る)
  • 長ネギ・・・・・・・・・・・・・・・・1/2本(斜め薄切り)
  • めんつゆ(2倍濃縮)・・・50ml
    水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・150ml
  • 片栗粉・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1(2倍量の水で溶く)
  • 温かいご飯・・・・・・・・・・・・茶碗2杯分
<作り方>

(1)Aを小鍋に入れて火にかけ、温まったら長ネギを加えて2~3分煮る。
   水溶き片栗粉でとろみを付けて火を止める。

(2)温かいご飯の上にけんちん豆腐をのせ、上から(1)をかける。

料理・スタイリング・撮影 こだまみえさん

管理栄養士・フードコーディネーター。おいしい、やさしい、ヘルシーをコンセプトに料理を提案

「リビングおかやま」「リビングくらしき」2016年12月3日号掲載

ページトップ