新着情報

岡山県マンホール総選挙


「リビングおかやま」では、人気投票「岡山県 マンホール総選挙」を開催します。あなたの〝推し〟蓋はどれ?

応募者の中から抽選で20人に岡山県のマンホール缶バッジをプレゼント!みんなので投票するモグ〜♪

岡山県マンホール総選挙

ふるさとの魅力がギュッと詰まったご当地マンホール蓋(ふた)。岡山にも楽しいデザインがたくさん。「リビングおかやま」では、人気投票「岡山県 マンホール総選挙」を開催します。
県内17市町村から、自慢の1枚とPRコメントが届きました。あなたの〝推し〟蓋はどれ?
お気に入りの候補に、ぜひ投票を!

イラスト/熊猫手作業社

  • 1

    美しいがいせん桜と街並みを
    1枚に(新庄村)

    村の花である「桜」、村を代表する観光名所の「がいせん桜通り」、川魚の「ヤマメ」をあしらった1枚。がいせん桜は明治37年の日露戦争戦勝を祝うため、旧宿場町に植えられたもの。現在も美しい花を咲かせています。

    カラー蓋展示場所/新庄村役場入り口

  • 2

    日本名木百選にも選ばれた
    醍醐桜が満開(真庭市)

    樹高18m、枝張り東西南北20m、根本周囲9.2m、推定樹齢約1000年ともいわれる「醍醐桜」がモチーフ。後醍醐天皇が隠岐の島に配流される途上にこの桜を見て称賛したことから、「醍醐桜」と名が付いたと伝えられています。

    設置場所/道の駅 醍醐の里

  • 3

    いにしえの銅鏡が
    時空を超えて見守る(鏡野町)

    町内の観音山古墳から出土した銅鏡(三角縁神獣鏡)の模様がモチーフ。左右に各1対の神、上下に各1対の霊獣を配しています。銅鏡に描かれた神や霊獣は、時空を超え、形を変えて、今も住民を見守り続けています。

    カラー蓋展示場所/鏡野町役場上下水道課入り口

  • 4

    吉井川の
    河童伝説(津山市)

    津山城址の「石垣」と市の花の「桜」、観光キャラクターの「ごんご」をデザイン。「ごんご」は河童の津山地方方言で、吉井川の河童伝説にちなんでいます。描かれているごんごは、「作州津山」の旗を竹竿に付けて掲げています(竹細工は津山の民芸品)。

    カラー蓋設置場所/市内中心部「ごんご通り」のアーケード街

  • 5

    温泉につかる
    タヌキがキュート(西粟倉村)

    鎌倉時代、狩人に討たれたタヌキが傷を癒やしたことから発見されたという「あわくら温泉」、村の鳥「ウグイス」、村の花「サツキ」が描かれています。

    カラー蓋設置場所/西粟倉村役場前、西粟倉駅前など

  • 6

    ま~さかりか~ついだ
    金太郎~♪(勝央町)

    金太郎のモデルになった坂田金時が九州の暴徒討伐に向かう途中、勝央町で熱病にかかって亡くなり、同地の栗柄神社に葬られたという言い伝えから、町のシンボルになった金太郎。平成2年から設置されている人気の1枚です。

    設置場所/町内

  • 7

    秋の風物詩・
    大名行列の人気者(矢掛町)

    旧山陽道の宿場町として栄えた矢掛町。毎年11月第2日曜には、往時の姿を再現した豪華けんらんな大名行列が町を盛り上げます。蓋は、大名行列の中で最も印象的な「奴」と「毛槍」をモチーフにデザインしました。

    カラー蓋設置場所/やかげ町家交流館

  • 8

    かっぴーのレアな
    ソフトボール姿(久米南町)

    町のマスコット「カッピー」と町花の「ツツジ」をデザイン。本来竪琴を持っているカッピーですが、蓋ではソフトボールプレイヤー姿に。平成17年に県で行われた「国民体育大会」で、久米南町が「少年女子ソフトボール競技」の開催地になったことにちなんでいます。

    カラー蓋設置場所/誕生寺門前付近

  • 9

    町の魅力を
    オシャレにデザイン(赤磐市)

    旧吉井町の1枚。町の鳥「キジ」と、地ワイン「是里ワイン」の原料でもある特産の「ブドウ」、町の花「ツツジ」が描かれています。

    カラー蓋設置場所/赤磐市立 城南小学校周辺

  • 10

    カブトガニの危機を
    救った下水道整備(笠岡市)

    〝生きている化石〟カブトガニの蓋。背景には干潟、青空、笠岡の島々が描かれています。カブトガニは一時、干拓事業と水質汚染の影響から個体数が激減。その絶滅の危機から救った要因の一つが下水道整備であり、海域の水質改善とともにカブトガニの生息環境も好転していきました。

    カラー蓋設置場所/JR笠岡駅 駅前広場

  • 11

    すくすく伸びるタケノコのように…
    がんばろう、真備!(倉敷市)

    タケノコの産地として有名な真備町のキャラクター「マービーちゃん」の蓋。7月の豪雨で大きな被害を受けた同町。一刻も早く元の穏やかな生活を取り戻し、すくすく伸びるタケノコのような元気な町に戻れるよう、引き続き温かい応援をよろしくお願いします。

    カラー蓋展示場所/真備浄化センター

  • 12

    岡山を守る
    ヒーロー桃太郎(岡山市)

    昔話、桃太郎の蓋。昭和61年頃から設置され、今では市内に1万枚以上。桃太郎一行が鬼退治に向かう道中が描かれており、その昔、桃太郎が鬼からまちを守ったように、下水道も岡山のまちを守っているというメッセージが込められています。

    カラー蓋設置場所/イオンモール岡山前など

  • 13

    迫力満点の
    備前焼狛犬(備前市)

    日本遺産に認定された日本六古窯の一つ・備前焼で知られる備前市。備前焼狛犬の発祥地・伊部地区に設置されているのが備前焼狛犬の蓋。〝道路の中心で魔除けする〟蓋は、りりしい表情で下水道と地域や観光客の方々を見守ってくれています。

    カラー蓋展示場所/備前浄化センター

  • 14

    町の人々の笑顔が浮かぶ
    癒やしキャラ(里庄町)

    町のキャラクター「里ちゃん」、里庄町の「S」、町木の「ツバキ」の花を描いた1枚。緑豊かで、心触れ合う町の人々の笑顔や、未来に向けて歩む様子を明るく楽しく表現しています。

    カラー蓋設置場所/里庄町立 里庄西小学校

  • 15

    旧町3つの町のデザインが合体!
    新市の一体感を表現(浅口市)

    平成18年に金光町・鴨方町・寄島町が合併して誕生した浅口市。市内の蓋は、合併前の旧町のデザインを3つ合わせたもの。金光町は町花の「サツキ」、鴨方町は町木の「くろまつ」と町花の「モモ」、寄島町は特産の「ガザミ(ワタリガニ)」と同町沖合に見える「三ツ山」「瀬戸大橋」がモチーフです。

    カラー蓋展示場所/浅口市役所下水道課窓口

  • 16

    今年開通30周年を迎えた
    瀬戸大橋が中央に(早島町)

    町民の公募作品から選ばれ、平成3年から設置。蓋の中心に「瀬戸大橋」のイラストと「早島」の文字、外周にはそれを支える「町民の輪」。町民が一致団結して、未来の早島へ向かって突き進むことをイメージした、作成者と町民の思いが詰まった1枚です。

    設置場所/早島町内全域

  • 17

    爽やかな玉野の風景に
    溶け込む1枚(玉野市)

    JR宇野駅を降りると正面に大きく広がる瀬戸内海。市内には緑も多く、春にはピンクのツツジが山々を彩る玉野市。蓋は市花の「ツツジ」と市木の「バベ」がモチーフ。ピンクとグリーンが遊歩道に美しく溶け込み、市内へと潮風も誘います。

    カラー蓋設置場所/宇野駅周辺の遊歩道

★投票方法★

マンホーラー必見★ マンホール缶バッジを セットにしてプレゼント
ハガキ、ファクス、メール、HPから奮って投票を
9月21日 (金) 締め切り

応募者(投票者)の中から抽選で 20 人に、総選挙にエントリーしてくれた市町村のマンホール蓋の絵柄が入った缶バッジをセットにしてプレゼント。
マンホーラー(マンホール愛好家)ならずとも、ぜひ手に入れたいレアグッズです。

①~⑰のご当地マンホール蓋の中から、好きな蓋3つに投票。
1位~3位を、一言コメントとともに明記してください。集計では、1位5点・2位3点・3位1点で計算。結果は10月発行の「リビングおかやま」で発表します。

●投票方法/下記応募フォーム、もしくはハガキ、ファクス、Eメールからどうぞ。
住所(〒)・氏名・年齢・電話番号・好きな蓋1位から3位までと、一言コメントを書いて応募を。

●宛て先/〒700-8613(住所不要)岡山リビング新聞社
FAX086(235)1655  「マンホール総選挙」係
Email=manhole@okayamaliving.co.jp

●投票締め切り/9月21日(金)消印有効

「リビングおかやま」2018年9月8日号掲載

ページトップ