ももちゃりで散歩

ももちゃりで散歩

ももちゃりは岡山市が推進するコミュニティサイクル。 耳慣れない言葉だが、実は初めてでも簡単に利用できる自転車共同利用システムのこと。 さあ、ももちゃりを使っておかやま散歩、はじめましょ。 岡山市コミュニティサイクルももちゃり

ももちゃりってなんだろう?

1日地用のおトクな利用例:利用料金200円/各利用が60分以内の場合、1日何回乗っても追加料金は0円。 1回の利用が60分を超えた場合、30分ごとに追加料金100円。(1日の追加料金の上限額は1,000円)

 温暖で晴れの日が多く、平坦な地形が広がる自転車利用に適した岡山市では、2013年からコミュニティサイクル「ももちゃり」を導入した。コミュニティサイクルとは簡単に言ってしまえば、自転車共同利用システムのこと。

ももちゃりの場合、市中心部各所に設けられたサイクルポート(路上端末機、駐輪ラックが設置されている)で自転車を借り出し、使った後は借りたところへ戻さなくても、近場にあるサイクルポートに返却すればよい。

支払いは現金でも交通系IC力-ド、クレジットカード、口座振り替えなどでも可能で、1回利用から1年利用まで多数の基本料金プランが用意されている。

例えば1日利用プランの場合、200円支払えば、フリーパスの感覚で1日何回でも利用できる。(図参照)ただし1回の利用はあくまでも60分以内で、それを超えた場合は超過時間によって追加料金が課される。観光で一日に市街を何ヶ所もまわるような場合、ももちゃりは非常に重宝すること請け合いだ。

ももちゃりに乗ろう

1

利用者登録

サイクルポート2014年3月現在、市中心部17ヶ所に設置されている。

ももちゃりの利用に先立って、まず利用者登録が必要になるが、サイクルポートの路上端末機でも、運営本部の窓口、ホームページでも登録が可能だ。サイクルポートの路上端末機の場合、まずショートメールを受け取ることができる携帯電話と交通系ICカード(例 ICOCA、Hareca)か流通系ICカード(例 nanaco、WAON)などを準備する。あとはモニターの指示どおり簡単な入力操作を行うだけで利用者登録が完了となる。登録に使用したカードが今後ももちゃりの利用者カードとなる。

2

基本料金の支払い

現金、クレジットカードや交通系ICカード(ICOCAなど)を用いた利用料金の支払を始め、口座振替等、幅広い支払い方法が選択できる。※Harecaでの支払いは不可

ももちゃりは1回利用~1年利用までの多数の基本料金プランが用意されている。目的に合わせてプランを選び、使用前にプランに応じた基本料金を支払う。例えば市内観光で1日何回も利用したいなら、1日プランを選択して200円支払うというもの。ただし、どのプランも1回の利用が60分を超えると追加料金が発生する。

3

ももちゃりの借り出し

料金を払い終えていよいよ借り出し。
駐輪ラックのピンク色の読みとり部分に利用者カードをかぎすと「カチッ」と音がして自転車が取りだせる状態になる。
そのまま自転車を引っばりだしていざ出発。

4

ももちゃりの返却

使った後は借りたところへ戻さなくても、近場にあるサイクルポートに返却すればよい。

万が一駐輪ラックが満車でも、路上端末機のモニター操作で返却ができる。

5

追加料金の支払い

いずれの料金プランも1回の利用が60分を超えると追加料金が発生する。

ももちゃりで観光

県立図書館下車 岡山城・後楽園へ

岡山駅前のサイクルポートでももちゃりを借りて、岡山県庁方面へ。岡山県立図書館前のサイクルポートで返却。ここから徒歩で岡山城へ。
岡山城は、第2次世界大戦で焼失する前は国宝にも指定されていた山陽道屈指の名城。戦国時代、宇喜多秀家によって築かれた。黒い下見板で覆われていることから烏城の別名がある。岡山城観光のあとは旭川を渡って後楽園へ。後楽園は江戸時代、岡山藩主池田網政が創案し、家臣の津田永忠に命じて築かせた大名庭園で日本三名園のひとつに数えられる。広大な芝生、大小の島が浮かんだ沢の池など変化に富んだ景色で訪れる人を楽しませてくれる。

鶴見橋を渡って天神下車、県立美術館へ

岡山県立美術館建物は岡山城をモチーフにして設計され、岡山産の万成石という花崗岩を使用。

後楽園で再びももちゃりを借り、旭川にかかる鶴見橋を渡って天神町サイクルポートで返却。ここから岡山県立美術館へ。常時開催されている大型企画展のほか雪舟、金重陶陽など岡山ゆかりの芸術家の常設展示も興味深い。観賞後はまたまたももちゃりで岡山駅へ。

岡山後楽園桜、紅葉などの四季折々の風景や、幻想庭園、芝焼きなどの年中行事など、何時訪れても見ごたえがある。

岡山城安土城を模したともいわれる三層六階の天守は、基部が不等辺五角形という全国でも類のない形状をしている。

写真はイメージです。
公道での自転車の並走はできません。

ももちゃりで街ぶら

西川の緑を抜けて表町を目指す

シンフォニーホール市内のランドマーク的存在。館内の大ホールは屈指の音響効果と設備を誇る。

岡山駅前のサイクルポートで借り出したももちゃりで西川緑道公園へ。ここは岡山市街中心部を南北に貫く西川の河畔を公園として整備したもので、市民の憩いの場となっている。散歩道には水上テラス、彫刻、石碑などが点在。緑のトンネルをくぐりぬけ、ももちゃりを押し歩きながらゆったりと散歩が楽しめる。

400年の歴史を誇る表町商店街界隈

表町商店街

西川の緑でリフレッシュしたあとは表町方面へ。中央郵便局前のサイクルポートで、ももちゃりを乗り捨て表町界隈を街ぶらしてみよう。付近には天満屋、NTTクレドをはじめとして様々な商業施設が立ち並ぶほか、雰囲気の艮いカフェや人気ランチ店、居酒屋などのグルメスポットも多数あり、楽しみ方は自由自在。天満屋からは400年の歴史を誇る表町商店街を北へ。表町商店街と並行して南北に走るオランダ通りを歩いてもいろんな発見があるかも。シンフォニーホールまで来たら再びももちゃりを借り出して岡山駅へ。

貸出・返却場所サイクルポート位置図