特集記事

備前・備中・美作蛍ガイド2015 今宵は幻想アート“ホタルの光”を楽しんで!


自然のイルミネーション 癒やされに出掛けませんか。今宵は幻想アート“ホタルの光”を楽しんで!

知りたい!おかやまの自然

備前・備中・美作蛍ガイド2015 今宵は幻想アート“ホタルの光”を楽しんで!

自然のイルミネーション 癒やされに出掛けませんか

蛍遊の水辺・由加

Access Map

幻想的な光のイルミネーション(由加) 

 ゲンジボタル、ヘイケボタル、ヒメボタルが生息し、700mの石積みの護岸沿いに鑑賞できます。
場所倉敷市児島由加・瀬戸中央道水島ICから20分
時期5月下旬~6月中旬。6月6日(土)午後5時~9時には、蛍遊の水辺・由加(芝生広場周辺)で第18回「蛍遊の水辺・由加」ホタルまつり。実行委員会による夜店など。運動靴でお出掛けを。雨天決行
駐車場まつり会場付近に臨時で約30台
問い合わせTEL.086(473)1115倉敷市児島支所産業課商工観光係

西大寺一宮公園

Access Map

 みんなでホタルの生息できる環境を考え、見守ってきたおかげで、年々公園のホタルの数が増えているそうです。
場所岡山市東区西大寺一宮・岡山市内から岡山牛窓線で牛窓方面に30分
時期5月下旬~6月中旬。6月6日(土)午後6時~8時30分、岡山市西大寺一宮公園(安仁神社看板が目印)で第21回山南ホタル祭り。ホタルクイズや観察会ほか。小雨決行
駐車場無料・安仁神社駐車場約100台
問い合わせTEL.086(946)8165岡山市立山南公民館

豊岡川のホタル

Access Map

 初夏になると無数のホタルが飛び交い、せせらぎの音とカジカの鳴き声も楽しめます。
場所加賀郡吉備中央町大木地内・岡山市内から国道429号経由で約60分
時期6月上旬~中旬
駐車場なし
問い合わせTEL.0866(54)1301吉備中央町協働推進課

宇内ホタル公園

Access Map

清流星田川沿いの公園にはホタルの養殖場も(宇内)

 飛び交うホタルを見るだけでなく、ホタル観賞旬間(5月30日~6月7日)には、公園内にあるホタルの養殖場見学もできます。
場所小田郡矢掛町宇内(順路はあえて入れてません)
時期6月上旬~中旬
駐車場わずかなので、期間中は、できるだけ井原線矢掛駅(小田駅経由)から公園まで運行している無料シャトルバスの利用を
問い合わせTEL.0866(82)1016矢掛町産業観光課地域振興係

北房ホタル公園

Access Map

北房の備中川を乱舞するホタル(撮影=新田侊さん)

光のマジックは
こんな小さな光が
集まって(北房)
撮影=新田侊さん

 「ふるさといきものの里百選」(環境省)に選ばれた岡山県内でも代表的なホタルの里。備中川沿いに遊歩道が整備され、家族連れでも安心して楽しめます。
場所真庭市下呰部・中国自動車道北房ICから車で10分
時期6月上旬~下旬
駐車場あり(無料・真庭市北房振興局に約50台)
問い合わせTEL.0866(52)2711真庭商工会北房支所内北房観光協会

足守ホタルの里

Access Map

岡山市内からアクセス抜群のホタルの里(足守)

 「ホタルの里」に指定(※)されている足守では、天然のゲンジボタルとヘイケボタルが生息しています。「ホタル恋い来い橋」付近は飛び交うホタルを見るお勧めスポット。
場所岡山市北区粟井の大井トンネル北西・岡山市内から国道429号経由で30分
時期6月上旬までの20時~21時
駐車場あり(無料・約120台)
問い合わせTEL.086(295)1111北区役所足守地域センター
※岡山市が平成4年から、ホタルを守り、ホタルが住める水辺環境を保持するために同地区を「ホタルの里」に指定。

俳句の世界にも登場 愛される「ほたる」

岡山県俳人協会
事務局長 浮田岩夫さん

 人々の生活の中で親しまれてきたホタルは、古くから俳句の世界にもたくさん登場しています。ここでは、文学の面から岡山県俳人協会事務局長の浮田岩夫さんに伺いました。

 ホタルは蝉(セミ)と共に代表的な夏の風物詩。桜、富士山と同じように日本人が愛してやまないものの一つです。多くの昆虫の中でなぜホタルが好まれるのか、それはあの幻想的な光が人の心を魅了するからでしょう。みなさんがよくご存じの芭蕉は、

 「草の葉を落つるより飛ぶ螢哉」

 これは事実を描写し、目の前のホタルを瞬間的に捉えた芭蕉のなせる技です。また、ホタルが放つ光は〝求愛のため〟と解釈し、恋心や人を慕う気持ちを移入した句なのが桂信子の

 「ゆるやかに着てひとと逢ふ螢の夜」

 なんとも艶かしくもあり、心許せる相手へのあいさつでもあり、あらゆる想像を働かせることができます。

 このように、季節を表すだけの季語では味わえない雰囲気を醸し出してくれるのもホタルが多くの人に愛される理由でしょう。今年は、あなたもぜひ一句詠んでみてはいかがですか。例年とは違ったホタルに見えるかもしれませんよ。

〝ホタルの住める環境〟を

 取材を通して「ホタルスポットとして紹介して欲しい」という意見と、「そっとしておいて欲しい」と言う意見がありました。くれぐれも、マナーを守ってください。

観賞マナーを守って!
【1】つかまえない【2】光をあてない【3】騒がない【4】ゴミは持ち帰る【5】勝手に田畑に入らない

「リビングおかやま」2015年5月30日号掲載

ページトップ