特集記事

電力自由化!白熱講座 コレだけは知っておきたい!基本編


4月からスタートする「電力自由化」。名前は聞くけどわからない…実はどの家庭も関係ある話なんです。
そこで、基本からお得度までが分かる特別講座を開講します。

電力自由化!白熱講座 コレだけは知っておきたい!基本編

4月からスタートする「電力自由化」。
名前は聞くけどわからない…というアナタ、実はどの家庭も関係ある話なんです。
そこで、基本からお得度までが分かる紙上特別講座を開講します。

飾り罫

監修:
巻口守男さん(電力比較サイト運営会社・エネチェンジ 副社長、消費生活アドバイザー)
八ツ井慶子さん(ファイナンシャル・プランナー)

Lesson1

電力自由化の基本

そもそも、何が自由化されるの?

Answer 発電&販売が自由に。好きな会社から電気を買えます

 これまで、家庭向けの電気は、地域の電力会社が発電から送配電、販売までを担当してきました。4月からは、電力会社以外の会社も発電所を作って発電し、好きな価格で電気を販売できるようになります。販売する地域も自由。今後、電気は〝選んで買う〟時代になるのです。一方、「送配電」は、従来の電力会社が担当します。

どんな会社が電気を売るの?

Answer 数はいっぱい!大きく分けると4業種

 発電所を持つ企業だけでなく、電気を仕入れて売る販売のみの会社も多く、現在40社ほどが家庭への小売りに参入予定です。どんな業種か大まかに分けると、ガス・石油などの「エネルギー産業」、携帯電話・インターネットなどの「通信会社」、鉄道・ケーブルテレビなどの「生活密着型サービス」。これに既存の電力会社を加えた4業種が、各社の特徴やノウハウを生かして電気を販売します。

Lesson2

電力の仕組み

電気が届く道のりイメージ

きちんと電気は届くの?

Answer 使う電線は共通。電力量も管理されているので、これまでどおり届きます

 電気が届く道のりはこれまでと同じ。各社の発電所で作られた電気は同じ電線に流れ込み、各家庭に届きます(右図)。

この流れの量が一定になるよう、国が監視しているため、停電したり、不安定になることはありません。各家庭には、通信機能付きで自動検針できるスマートメーターが新たに設置。使った分を契約している電力会社がモニターし、料金を請求します。

Lesson3

家計への影響

電気料金はお得になるの?

Answer 契約量やメニューによって異なるのでしっかり検討を

 現在、次々と料金プランが発表されていますが、使用量が多い方が割引率が高い傾向があります。電気と通信費やガスなど別の〝何か〟とセットで契約するプランや、長期契約での割引、ポイントの付与などでお得になります。ただし、契約期間が定められ、途中で解約をすると違約金が発生するものもあります。契約内容をしっかり理解し、家族のライフスタイルに合ったプランを探してみて。それが節約につながると思いますよ。

電力会社を選ぶときのポイント
1 検針票を見ながら比較する
2 契約期間や規約をしっかり読む
3 価格だけでなく、ライフスタイルに
 合ったメニューで選ぶ
4 詐欺などが出る可能性も。
 登録小売電気事業者かどうか確認する

webならもっと詳しく、
よくわかる!

リビングWebでは、仕組みや契約方法などのより詳しい解説や、プレゼントが当たるクイズを公開。今すぐチェックを。

http://mrs.living.jp/jiyuuka

3つの電力会社に聞きました わが社のポイントはココ!

どんなところに注目して電力会社を選ぶべき?
そこで、特徴的な3つの会社の担当者に、おすすめポイントを聞きました。

ぐっとずっと。プラン 中国電力

一人暮らしから大家族まで、幅広い家庭でメリット

販売推進部門コンシューマ第一グループ 尾崎賢治さん

point
使用電力量と時間帯により、分かりやすい4つのコース
従量電灯Aの料金より1~9%ほど安くなる
電気料金の支払いでたまる独自のポイントサービス
たまったポイントは、地元産品や地元企業のサービスで還元

 新料金のメニューは、使用電力量と時間帯を考慮して全部で4種類。家族数やライフスタイルにピッタリとはまります。

①一人暮らしなど月の使用量が400kWh以下の家庭では、「スマートコース」がお勧め。
②月の使用量が400kWhを超える家庭では、「シンプルコース」。
③月の電気使用量が400kWhを超え、夜間や休日に多くの電気を使う家庭では、「ナイトホリデーコース」がお勧め。現在の契約が「従量電灯A」であれば、どの家庭も、現在の金額に比べ1%から9%ほど安くなります。
④これからオール電化を検討される家庭には、エコキュートや電気温水器があれば加入できる「電化スタイルコース」を用意しています。また、電気料金の支払いなどでたまる「エネルギアポイント」は、電気代200円ごとに1ポイントがたまり、地元産品のほか、カープの観戦チケットや応援グッズ、家電量販店のエディオンやNTTドコモ、イズミなどのポイントや電子マネーに交換できます。

http://www.energia-support.com/

従量電灯 イーレックス・スパーク・マーケティング

シンプルなプランで、節約を分かりやすく

営業部 武田佳尚さん

point
メリットが分かりやすい シンプルな料金プラン
契約期間を設けておらず、解約の違約金もなし
東北から九州まで、全国幅広く電力を供給
電力供給15年の一部上場企業、バイオマスの発電所を保有

 イーレックスグループは、電力供給15年の実績を持ち、昨年東証一部にも上場。料金プランの特徴は、シンプルで分かりやすいこと。現在の地元電力会社の設定をベースにしていて、使用量が少ない月でも今より安くできます。主に家庭用として最も契約されている「従量電灯A」では、現在毎月1万円の使用料の場合、年間で約2,500円お得。また、商店や事務所などで電灯・小型機器を多く使っている「従量電灯B」では、現在毎月3万円の使用料の場合、年間で約20,000円もお得です。さらに、契約期間の縛りや解約金もないため、気軽に切り替えていただけます。

https://www.erexsm.co.jp/

5%オフのシンプルプラン HTBエナジー

ハウステンボスの技術で未来のエネルギーを創造

「たのしいでんき」企画担当 山口茉莉子さん

point
既存電力会社の料金より5%オフ
グループ会社のH.I.S.では、3月31日(木)までに電気と同社主催の
パッケージツアーを同時に申し込むとツアー料金値引き
http://www.his-j.com/denki/

 ハウステンボスから生まれた電力会社HTBエナジー。既存電力会社の平成27年12月の基本料金・従量料金からそれぞれ5%安くなる分かりやすい料金プランが好評です。

 ハウステンボスは創業当初から環境にやさしい街づくりに取り組んできました。これまで培った研究・技術力を生かし、再生可能エネルギーやクリーン燃料による発電の実現に向けチャレンジします。販売エリアは全国(一部除く)!  多くの方にご満足いただけるサービスを目指します。

http://htb-energy.co.jp/

「リビングおかやま」「リビングくらしき」2016年2月20日号掲載

ページトップ