特集記事

野を駆ける美味 岡山ジビエ、いただきます


岡山県ではイノシシとシカが活用されています。県や各地域の取り組み、おいしい食べ方などを取材しました。

野を駆ける美味 岡山ジビエ、いただきます

シリーズ深掘りNo.3

 ジビエとはフランス語で野生の鳥獣肉のこと。近年そのおいしさやヘルシーに味わえる点が注目され、人気が高まっています。イノシシ、シカ、キジ、カモ、アナグマなどさまざまな獣肉がジビエとして食べられていますが、岡山県ではイノシシとシカがよく穫られ、活用されています。県や各地域の取り組み、おいしい食べ方などを取材しました。

イノシシ・シカっておいしいの?

Q.野生の動物だから臭みがあるのでは?

A.独特のにおいや硬さがあると思っている人は多いですね。適切な方法で処理されなかったものや鮮度が不良なものは、風味が悪く食べにくいと感じるかもしれません。捕獲してすぐに血抜きをして処理施設に持ち込み、内臓の除去や皮むきなど適切な方法を施して処理・保存したものは、強いにおいやクセがなくて食べやすいんですよ。

Q.試してみたいけど、どこで買えるの?

A.精肉は道の駅や一部の精肉店などで手に入ります。最近はハムやソーセージ、ベーコン、レトルトのカレーやハンバーグ、肉みそ、缶詰め、パスタソースなど加工食品も多彩です。手軽に食べられるので、初めて試す人の入門編にぴったりです。お土産やホームパーティーの一品にしても喜ばれますよ。

Q.県内ではどのぐらい獲れているの?

A.平成28年度は、有害獣としての許可捕獲と狩猟を合わせて、イノシシが2万4211頭、シカは1万2009頭。同年の野生鳥獣による農林水産被害額は約2億8000万円と、事態は深刻です。岡山県では、地域での捕獲活動を推進するための専門講座や、新規狩猟免許取得の助成金を設けるなど、さまざまな取り組みを進めています。

シカロース肉のコンフィ(イメージ)

シカロース肉のコンフィ(イメージ)

Q.イノシシやシカってどんな味?
  体にいいって本当?

A.イノシシは脂にコクがあり、ビタミンB群が豊富。冬にかけて脂肪を蓄えるので、これからが一番おいしい時季です。シカは脂身が少なく、肉のうま味が感じられるしっかりとした赤身で、低カロリー・高タンパク、鉄分が豊富。アスリートの食事や美容食としても注目されています。

森 由美さん

教えてくれたのは…

岡山県農林水産部 鳥獣害対策室
森 由美さん

お薦めジビエ料理
ショートパスタにシカのミートソースを合わせると、おもてなし料理にぴったりですよ

美作市ジビエで地域に活力を

地美恵の郷みまさか外観

■地美恵の郷みまさか
(美作市平福600-1)
精肉の販売も行っています。事前に問い合わせを。午前9時〜午後5時、月曜定休(祝日の場合は翌日)。
☎0868(75)4400

 美作市平福にある「地美恵(じびえ)の郷みまさか」は、イノシシ・シカ両方の処理が可能な県内初の獣肉処理施設として平成25年に開所しました。地元のハンターから引き取って処理する数は、多いときで年間1600頭以上。中でもシカの食肉処理数は全国トップクラスです。精肉は近隣の「道の駅 彩菜茶屋」をはじめ、県内外で活用されています。「近年は首都圏を中心に注文が増加。ペット用フードやサプリの材料としてもニーズが高く、特にシカ肉は生産が追いつかないほど」と話すのは、美作市経済部森林政策課の河副基彦さん。新しい地域産業として、雇用促進・経済効果につながっているそうです。

 「捕獲した鳥獣を個人が処理するのは重労働です。ここに持ち込めば自己処理の必要はありませんし、捕獲奨励金の申請に必要な作業も一括して行えるので、ハンターの負担を軽減できます」。新人ハンターの技術研修や奨励金利用の講習会なども実施。地域で猟に携わる人たちと関係を深めています。

~美作ジビエ オススメの食べ方~

イノシシのフレンチラック塩・コショウ焼き

イノシシのフレンチラック(背中からろっ骨周辺)を焼いて塩・コショウや焼き肉のタレで味付け。スペアリブのように甘辛く煮込むのも美味

【参考価格】
イノシシのフレンチラック2本540円

シカのロースしょうが焼き

シカのロースをローストしてスパイスやニンニクで味付け。しょうが焼きもグッド。ソーセージなど加工品も人気です

【参考価格】
シカのロース180g550円
イノシシバラ肉180g840円

松田 元久さん

教えてくれたのは…

道の駅 彩菜茶屋
松田 元久さん

お薦めジビエ料理
イノシシのバラ肉のぼたん鍋。濃いめのみそ味が肉に合います
■道の駅 彩菜茶屋(美作市明見167)
レストランではジビエ料理も提供。精肉・加工品は品切れの場合もあるので要問い合わせ。
☎0868(72)8311

鏡野町ジビエでつくる地域の循環

「やま弁」

地元の農産物やジビエを盛り込んだ「やま弁」(1000円)

和ハーブと鹿肉のグリーンカレー盛りつけイメージ
和ハーブと鹿肉のグリーンカレー

ジビエ缶詰め「和ハーブと鹿肉のグリーンカレー」160g972円(写真は盛りつけイメージ)。
「鹿の肉味噌(みそ)~す梅味」80g594円、「鹿の大和煮」80g648円なども好評
※主な販売場所は下表を参考に

 苫田郡鏡野町で飲食業に携わり、地元食材を使った観光弁当「やま弁」にも関わってきた丸山恵さん。「鏡野のおいしいものを県外の人にも届けたく、気軽に持ち運べる加工品の企画を考えていました。そんな折、美作県民局から有害鳥獣の活用策を依頼され、ジビエ缶詰めの開発に着手しました」。県の起業支援型地域雇用創造事業として助成金を受け、平成26年に製造所を開所。郷土料理をアレンジした肉みそやグリーンカレーなど、独自の切り口でシカの缶詰めを開発しています。

 「食は鏡野を知ってもらう入り口。缶詰めや弁当が訪れるきっかけになれば」と丸山さん。さらに、ジビエは観光資源だけでなく、人口減少や高齢化など多くの問題を抱える中山間地域の活路にもなると考えています。「有害鳥獣の駆除も狩猟も自然とともに生きるために必要な営みですが、ジビエは日常食ではなく、一般の食卓とリンクしていません。食生活の中にジビエが浸透して食べる人が増えれば、猟が生業として成立し、処理業・加工業も活発になり、経済の循環が生まれるはず。私は缶詰めでそのお手伝いがしたいと思っています」

※「やま弁」は道の駅奥津温泉、奥津湖総合案内所みずの郷奥津湖、鏡野町物産館夢広場(いずれも鏡野町)で購入できます

丸山 恵さん

教えてくれたのは…

企業組合鏡野やま弁クラブ「ののもん」
丸山 恵さん

お薦めジビエ料理
シカのロースのタレ焼き。脂身が少ないので、カツなど揚げ物にするのもいいですよ

岡山・倉敷市内でもジビエが買えます

■おばあちゃんの台所
イノシシの精肉、シカ・イノシシのソーセージ、「ののもん」缶詰めなど
【営業時間】午前10時〜午後7時 ☎086(237)1200
岡山市北区下石井、イオンモール岡山5階
■晴れの国おかやま館
「ののもん」シカの缶詰めなど
【営業時間】午前10時〜午後7時 火曜定休 ☎086(234)2270
岡山市北区表町1-1-22
■Acht/Herzenーアハト/ヘルツェン
シカやイノシシのハム、ソーセージなどの加工肉。精肉は福池精肉店(岡山市中区浜3-2-30)で予約販売、☎086(238)1129に問い合わせを。美作ジビエの取り扱いもあり
【営業時間】午前10時〜午後6時 水曜定休 ☎086(222)1186
岡山市北区野田屋町1-4-1
■天満屋ふるさと館
「ののもん」缶詰め(鹿の肉味噌~す梅味のみ)
【営業時間】午前9時〜午後9時 ☎086(435)7277
倉敷市寿町12-2アリオ倉敷2階

★ジビエは天然の肉なので、捕獲状況により販売していない日もあります。あらかじめ電話で問い合わせを

おかやまジビエガイドステッカー

「おかやまジビエガイド」掲載店はこのステッカーを目印に

おかやまジビエガイド

 県が作成、12月から配布されるパンフレット。ジビエの魅力や衛生管理などの紹介から、家庭で楽しめるレシピ、ジビエを取り扱う飲食店59店舗、精肉取り扱い店23店舗などが掲載されているので、参考に。イベントなどで配布されるほか、HPでも公開されます。

鳥獣害対策室 http://www.pref.okayama.jp/soshiki/328/

11/26(日)出来たて料理を味わえるイベント ジビエ料理テント村

 イノシシの丸焼き、シカ肉のソーセージ、イノシシ肉の串焼き、シカのコロッケ、串カツなどのジビエ料理が販売されます。おいしく食べながら岡山の山間地域について考えるイベント。ミニ動物園もオープン。道の駅では通常通りジビエ精肉や加工品が販売されます。※写真は昨年のもの

イノシシ肉の串焼き

イノシシ肉の串焼き

イノシシ丸焼き

イノシシをダイナミックな丸焼きに!

日時/
11/26(日)午前10時〜午後3時
会場/
道の駅 彩菜茶屋(美作市明見167)前特設会場
問い合わせ/
☎0868(72)5322 美作市経済部森林政策課

5人にジビエ加工食品をプレゼント

掲載した施設のジビエ食品を5人にプレゼント。

  • A「道の駅彩菜茶屋」から、ぼたん鍋セット(イノシシ肉とみそ、3000円相当)を2人に
  • B「ののもん」から、シカ肉の缶詰め3種セット(グリーンカレー、肉味噌〜す梅味、大和煮、2214円)を3人に

ご応募はこちらから >>

「リビングおかやま」「リビングくらしき」2017年11月11日号掲載

ページトップ