特集記事

読書の楽しさ!子どもに伝えてる?


4月23日は「子ども読書の日」ー。
子どもに読書の楽しさを伝える活動をしている岡山・倉敷のグループを紹介します。

4月23日は「子ども読書の日」読書の楽しさ!子どもに伝えてる?

本を読む親子のイラスト

 4月23日は「子ども読書の日」ー。本に関心を持って子どもたちに積極的に読書に親しんでもらいたいと、地域の図書館や公民館ではお話の会や紙芝居などさまざまなイベントが企画されています。
 ここでは、子どもに読書の楽しさを伝える活動をしている岡山・倉敷のグループを紹介します。

子どもがのってきたら最高

はるのおはなし会

はるのおはなし会のはじまりはじまり~

おはなしグループモモ

代表・河合あつ子さん

 「本を1冊覚えてから子どもたちの目を見ながらお話をします。子どもたちには嘘がつけません。手を抜いたりするとすぐバレてそっぽを向かれます」とは、河合あつ子さん。「本を選ぶところから誠意を持って取り組むとちゃんと分かってくれます。ただ最近は、聞くことに慣れていないお子さんが増えた気がします。幼児期にもっと本を読んだり聞いたりする機会が増えるといいですね」と話します。

イベント
メモ
毎月1回おはなし会
問い合わせ 岡山市立中央図書館(岡山市北区二日市町56)
TEL.086(223)3373

フェスティバルの手伝いをして「図書委員になったよ」

読書フェスティバルで高校生の読み聞かせ

読書フェスティバルで高校生の読み聞かせ

あじさい文庫

代表・島岡浩恵さん

 本の楽しさを知ってもらいたいと岡山市立南公民館を拠点に活動を続けている島岡浩恵さん。学校の敷地内に公民館があるという環境も手伝って、地域を巻き込んで活動ができるのは他にはない良さ。「子ども読書の日」にちなんだ今年のフェスティバルも読み聞かせや大型紙芝居・エプロンシアターなどを地域の中学生や高校生が手伝ってくれるとか。「子どもから大人まで異なる世代で交流ができるのがいい」と話します。

イベント
メモ
乳児、幼児、小学生別に読み聞かせや工作など
問い合わせ 岡山市立南公民館(岡山市南区芳泉3-2-2)
TEL.086(263)7919

子どもの笑顔が原動力です

科学絵本

子どもたちは科学絵本も大好き

文庫

数冊から始まった文庫も3000冊を超えています

星の子文庫

主宰・西原秀子さん

 「子育て中に数人で始めた地域文庫が、転勤や体調不良などさまざまな事情で今は私一人です」と話すのは、自宅で文庫をするようになって今年で35年になる西原秀子さん。

 「活字離れとよく言われますが、今も昔も子どもは本が大好きです。これ、面白いから読んでみる? と1冊の本を手渡すと次に来た時に、おばちゃん面白かったと目を輝かせます。きっかけや出会いがあれば子どもは本を読むんです」と笑います。

西原さん

「子どもたちから元気をもらってます」と活動を続ける西原さん

イベント
メモ
月曜午後2時~午後6時
第2・第4土曜日午前10時~正午
問い合わせ 星の子文庫(倉敷市天城台2-4-7)
TEL.086(428)3583

Let’s Enjoy

Dog

「はじまるよ~、Dog!」

絵本から飛び出てきたよ

絵本から飛び出てきたよ

メリーバスライド倉敷

代表・堀内雅子さん

 英語で絵本の読み聞かせをしています。「はらぺこあおむし」(エリック・カール作、偕成社)や「おやすみなさい おつきさま」(マーガレット・ワイズ・ブラウン著、評論社)などの人気の絵本の原書を読むことで、韻やリズムに隠された文化を発見することができると堀内雅子さん。

 「言葉が分からなくても雰囲気で子どもたちは絵本の世界にどんどん引き込まれていきます。外国の風習や生活を疑似体験できるのが何よりの魅力」とも。

イベント
メモ
毎月第1土曜日・英語で楽しむお話し会
問い合わせ
倉敷中央図書館(倉敷市中央2-6-1)
TEL.086(425)6030
本を読む女の子のイラスト

「四角い本に まあるい心」

4月23日(土)~5月12日(木)は
第58回「こどもの読書週間」

「こども読書週間」初日が「子ども読書の日」。
入館者数、個人貸出冊数とも全国トップクラスの岡山県立図書館。
図書利用状況などに詳しい笠原和美さん(図書館振興課 総括副参事班長)
に聞きました。

お父さんの参加も増えています

 平成13年に公布・施行された「子ども読書推進法」で、子どもがいろんな本と出会うきっかけ作りとして、地域でのさまざまな活動が活発になりました。本の読み聞かせはもちろん、絵本を題材にしたお菓子作りや人形劇・ファミリー音読発表会など趣向を凝らした行事が盛りだくさん。最近ではお父さんの参加も増え、親子一緒に読書に親しむという雰囲気が広がっているのでうれしいですね。

「子ども読書の日」にちなんだ参加自由のイベントをピックアップ。地域の図書館や公民館発行の情報紙を入手すれば、さまざまな読書イベントが紹介されています。

子ども読書の日スペシャルかみしばい
会場/岡山市立中央図書館(岡山市北区二日市町56)
日時/4月23日(土)、30日(土)午後3時~3時40分
内容/かみしばいや簡単な工作ほか
問い合わせ/TEL.086(223)3373
子ども読書の日フェスティバル
会場/岡山市立南公民館(岡山市南区芳泉3-2-2)
日時/4月23日(土)午前10時~正午
内容/絵本の読み聞かせ・パネルシアターほか
問い合わせ/TEL.086(263)7919
子ども読書フェスティバル2016in西大寺
会場/岡山市立西大寺公民館(岡山市東区向州1-1)
日時/5月14日(土)午前10時~正午
内容/大型紙芝居・絵本作家サトシンさんとおやこでたのしみまショー
問い合わせ/TEL.086(942)6252
子ども読書の日記念 おはなし会
会場/倉敷市立中央図書館(倉敷市中央2-6-1)
日時/ 4月23日(土)午後2時30分~3時
内容/絵本の読み聞かせほか
問い合わせ/☎086(425)6030
子ども読書の日記念 おはなし会
会場/倉敷市立水島図書館(倉敷市水島青葉町4-40)
日時/ 4月23日(土)午前11時~11時30分
内容/大型絵本の読み聞かせほか
問い合わせ/☎086(446)6918
子ども読書の日記念 おはなし会
会場/倉敷市立児島図書館(倉敷市児島味野2-2-37)
日時/ 4月23日(土)午後2時30分~3時
内容/倉敷G7参加国の中の国の絵本の読み聞かせ
問い合わせ/☎086(472)4847
トピックス
本を読む女の子のイラスト

子ども読書通帳には〝利息〟(左)のプレゼントも

〝読書通帳〟で財産管理
 倉敷市内の図書館には、「こども読書通帳」があって希望者に配布されています。自分が借りた本の記録を残すことで、心に残った本や言葉が〝財産〟となります。好奇心おう盛なお子さんに読書に意欲を持ってもらいたい—という思いもあって始めました」と話すのは、倉敷市立図書館の児童担当の森智子さん。通帳がいっぱいになって、お気に入りの本を紹介すると利子(おもちゃなどの記念品)がもらえます。

「リビングおかやま」「リビングくらしき」2016年4月16日号掲載

ページトップ