特集記事

白髪のなぜ?を解明 えっ?これってウソ!ホント?


ちまたに渦巻く情報は正しいのでしょうか。毛髪診断士®の畠晶代さんに話を聞きました。

白髪のなぜ?を解明 えっ?これってウソ!ホント?

 「最近、白髪が増えたみたい。根元から抜かなきゃ、海藻を食べなきゃ…」と思った皆さん、ちまたに渦巻く情報は正しいのでしょうか。毛髪診断士®の資格を持つ美容師・畠晶代さんに話を聞きました。

畠晶代さん

話を伺ったのは

畠晶代さん

ヘアサロン「Drops Hair」(玉野市内)オーナー。「公益社団法人日本毛髪科学協会®」認定、毛髪診断士®で認定講師の資格も持つ

どうして白髪になるの?!

 髪の毛は頭皮から出ている部分を毛幹、皮膚内部にあるものを毛根と呼びます。通常、毛根内のサブバルジ領域で、色素幹細胞が生まれ、毛球部に下っていきます。毛球部に移動した色素幹細胞は、毛乳頭からの指令を受けながら成長して色素細胞(メラノサイト)に変化し、メラニン色素を生成。髪をつくる毛母細胞とともに活性化され、黒髪として成長します。

 最近の研究では、活性酸素の作用により、色素幹細胞がサブバルジ領域内で大きく成長すると毛球部に下ることができず、結果、色素が作られなくなるので毛母細胞だけが働き、白髪になることが分かっています。

毛髪メカニズム図

イメージイラスト

イラスト/銀杏早苗

白髪の正しいメカニズムを知ることで
飛び交う情報に惑わされない!

 まだ解明されていないことも多い白髪の原因ですが、分かっているのは、頭皮の血行不良や遺伝、加齢です。

 また、なぜサブバルジ領域で色素幹細胞が色素細胞へ大きく成長してしまうのかの研究も進められています。「体内で発生する過酸化水素などの活性酸素による〝ゲノムストレス〟(DNAを傷つけるさまざまな因子)が関係しているという研究結果も発表されています」と畠さん。

 では、日常よく聞く〝白髪都市伝説〟は本当なのでしょうか。

都市伝説 その1
黒髪が急に白髪になる

 黒髪が急に白髪に変わることはありません。ただ、まれに血行不良などにより毛球部でメラノサイトがメラニン色素を供給しなくなり、黒髪だったものが途中から白髪になることはあります。この場合、機能改善すると元に戻ることも。

都市伝説 その2
抜くと増える

 白髪を抜いても増えることはありません。むしろ、無理やり抜くと頭皮や毛根を傷めてしまい、健康な髪が生えにくくなってしまいます。もし白髪を見つけても、根元のあたりで切るなどの対策をしましょう。

都市伝説 その3
海藻を食べると白髪予防になる

 ミネラルが豊富な海藻は、昔から髪に良いといわれていますが、白髪予防との因果関係はありません。髪の毛の主成分のタンパク質と一緒に摂ると、髪の成長には良いと思います。

都市伝説 その4
苦労をすると増える

 苦労の度合いで白髪が増える医学的な根拠はありません。ただ、現代社会の精神的ストレス、生活サイクルや食生活の乱れ、紫外線など、さまざまな要因がきっかけになり、血行不良、活性酸素の増加につながって白髪の原因になることが考えられます。

白髪は予防できる?

  • Check□頭皮をマッサージする
  • Check□睡眠を十分とる
  • Check□バランスのとれた食事をする
  • Check□ストレスをためない
  • Check□紫外線対策をする

 加齢や遺伝が白髪の原因といわれても、それを止めることはできません。だからといって諦めるのではなく、マッサージをして頭皮の血行を良くし、髪の成長のために十分な睡眠を取る、ストレスをためない、栄養バランスのとれた食事を心掛ける、紫外線対策をすることなどを日常生活で意識することが大切です。もしも白髪を見つけても抜いたりせず、カラーをする、根元のあたりで切るなどの見た目対策をしましょう。

※参考資料=経営とサイエンス 2017 June、同2017October(発行元=新美容出版)

「リビングおかやま」「リビングくらしき」2017年10月14日号掲載

ページトップ