特集記事

日本の世界の先駆けは岡山だった!


岡山と言えば桃太郎…だけじゃない!
岡山が発祥、または先駆けとなって全国に広まったものが実はたくさんあるんです。

日本の世界の先駆けは岡山だった!

岡山と言えば桃太郎…だけじゃない!
岡山が発祥、または先駆けとなって全国に広まったものが実はたくさんあるんです。

交通の
バリアフリー

誰もが安全に歩ける街に
世界的発明

点字ブロック

点字ブロック

点字ブロックが黄色に着色されるようになったのは、全国に普及し始めたころから。
写真提供/一般財団法人 安全交通試験研究センター

 視覚に障害がある人を安全に誘導するために歩道や駅のホームなどに敷設されている点字ブロック。考案者は、昭和36(1961)年ごろ、岡山市で旅館を営む傍ら、町の発明家として活躍していた三宅精一さんです。ある日、交差点で目が不自由な人が車道を横断する横を車が勢いよく走り去る場面に遭遇。その日以来「目が不自由な人が一人でも安全に歩けるようにしたい」との思いが頭を占めるようになります。

 建築会社に勤務していた弟の三郎さんとともに試作を重ね、コンクリートブロックの表面に突起物を配列した「点字ブロック」が完成。全国の都市や駅にこの点字ブロックを敷き詰めたいという夢を膨らませます。

 昭和42年3月18日、当時岡山県立岡山盲学校の生徒が登下校で利用していた旧国道2号の横断歩道に第1号となる点字ブロック230枚を敷設。夢実現への第一歩を踏み出しました。

 しかし、時は高度成長期。障害がある人を社会的に援助しようという機運は低く、普及は困難を極めます。資金も底をついてきた昭和45年、東京都から点字ブロックを採用するとの連絡が。これを機に全国へと広がっていきました。平成13年には、JIS(日本工業規格)化が実現し、今や海外にも広く普及。第1号が敷設された岡山市中区の原尾島交差点には、「点字ブロック発祥の地」の碑が建てられています。

参考/一般財団法人 安全交通試験研究センターHP「財団のあゆみ」=http://www.tsrc.or.jp/anzen/history/

セルフ
うどん

ヒントは大学の学生食堂
セルフ方式を広めた

名玄(めいげん)

お客さんが自分で麺を温める様子

お客さんが自分で麺を温めるスタイルのセルフうどんは、全国でも珍しいそう。創業当時は、セルフにとまどうお客さんのために、案内役のスタッフが立って誘導していました。現在は、うどん小1杯200円で提供しています

平井芳和さん

平井芳和さん(63歳)。創業日の10月8日は、「名玄のセルフうどんの日」として、日本記念日協会に登録されています

 大学を卒業したばかりの平井芳和さんが、八百屋を経営していた父に誘われてうどん屋を開くことになったのは昭和51(1976)年8月のこと。オープン日は2カ月後の10月8日と決まっており、ドタバタの開店だったと振り返ります。寝る間を惜しんでの準備の末、麺が完成したのが開店2日前、スープが完成したのが開店1日前。安くうどんを提供したいとの思いから、価格は1杯100円に設定しました。

 「ギリギリの価格だから、スタッフの数は増やせない。そうなると、お客さんの力を借りるしかなかった。それがセルフの発端なんです」。香川県の製麺所などではセルフで営業しているところはあったものの、飲食店でセルフを取り入れたのは名玄が最初だそう。

 大学の学生食堂をヒントにしたセルフうどんは、当初はとまどうお客さんが多く、中には「なんでワシが自分でゆでにゃあおえんのなら!」と怒り出す人もいたとか。

 しかし「平井に面白い店がある」と口コミで評判が広がっていきました。創業から40年、今も店の外まで行列ができる人気店。創業当初の「安い・早い・うまい」に加え、「安全・安心」にも力を入れています。

 「米は県産米、うどんは国産小麦。今年から岡山産の小麦も使う予定です。食べ物は人間にとって命綱。地道にコツコツ、より良い食を提供できるよう頑張っています」。食文化に新風を吹き込んできた名玄に、今後も注目です。

手打ちうどん 名玄
岡山市中区平井6-7-17
TEL.086(273)5472
10:00~20:00営業
年中無休
http://udon-meigen.co.jp/

民間
天文台

人々にロマンと勇気を与え続ける
日本初・庶民の天文台

倉敷天文台

口径32㎝反射望遠鏡

天文台の敷地内には「原澄治・本田實記念館」があり、大正15年に設置されたイギリス・ホルランド社製の口径32㎝反射望遠鏡も展示されています。※原澄治さんは、倉敷天文台を創設した人

創立当初の観測室

創立当初の観測室。切妻屋根が東西に滑り降りるように開く構造で、国の登録有形文化財に登録されています。本田さんもこの建物で観測を行っていました。
写真提供/倉敷市教育委員会

 山は天体観測に最適な地、天文台をぜひ岡山にー。大正15(1926)年11月21日。天文愛好家らの熱心な運動が実を結び「倉敷天文台」が誕生しました。倉敷天文台は誰でも観望できるように無料開放された、日本で初めての民間天文台です(当時は官立天文台しかなく、一般の人は利用できませんでした)。

 地元の工務店が手掛けた観測室に置かれたのは、イギリスから船で輸入した当時日本で最大級の口径32㎝反射望遠鏡。昭和2年の年間参観人数は約6000人。〝無理に星をのぞかずとも反射望遠鏡を一見するだけでも価値がある〟と人気を博しました。

 この天文台に昭和16年に着任、平成2年に亡くなるまで活躍したのが、世界的なアマチュア天文家・本田實さん(鳥取県出身)。戦後日本人として初めて新彗星を発見、生涯で新彗星12個、新星11個を発見し、人々に勇気を与えました。創立当初の観測室は、平成25年にライフパーク倉敷(倉敷市福田町古新田)に移築・復元。現在倉敷天文台には、新しい観望室が建っています。利用は無料。

 「空を見上げるきっかけになれば」と、観望会はもちろん、コンサートや朗読会など多彩なイベントも開催。誰もが星空のロマンにひたれる〝みんなの天文台〟であり続けています。フェイスブックでもイベント情報などを更新中。「倉敷天文台」で検索を。

参考/「星尋~星空にいだかれて~」本田實生誕百年記念誌、2013年、発行=クラシキ・クラシック

倉敷天文台
倉敷市中央2-19-10
TEL.086(422)0001
◆天体観望(日没後約2時間)は、
 要事前予約
◆「原澄治・本田實記念館」の開館時間は、
 月・水・金(祝日を除く)の13:00~17:00

食の安全・
安心

国の有機JAS規格に
先駆けること約10年

おかやま有機無農薬農産物

おかやま有機無農薬農産物マーク

「おかやま有機無農薬農産物」は上のマークが目印

 岡山市北区高松地区では、全国に先駆けて昭和56(1981)年から有機無農薬栽培に取り組んできました。こうした取り組みを背景に、昭和63年、岡山県が全国で県としては初めて「有機無農薬農産物」の認定制度をスタート。国の有機JAS規格が施行されたのは平成12年。10年以上早く独自の認定基準を設けていたことになります。

 おかやま有機無農薬農産物の最大の特徴は、化学合成肥料・農薬(天敵を除く)の使用をすべて避けていること。化学肥料・農薬の一部の使用が認められている有機JAS規格よりも厳しい基準を30年近く厳守しています。

 現在、おかやま有機無農薬農産物認定事業者は36団体・人。岡山市を中心に15軒の店で料理も楽しめます。詳しくは、岡山県農産課のHP(「岡山県農産課」で検索)を参考に。

国産
自動車

買えないなら
作ってしまおう

山羽式蒸気自動車

山羽式蒸気自動車(模型・1/5スケール)

山羽式蒸気自動車(模型・1/5スケール)。車体はケヤキ材、タイヤはソリッドタイヤ(ゴムのかたまりで、空気の入っていないタイヤ)。愛知県長久手市の「トヨタ博物館」で展示されています。
写真提供/トヨタ博物館

山羽さんの偉業をたたえる像

山羽さんの偉業をたたえる像

 明治36(1903)年に大阪で開催された「第5回内国勧業博覧会」。そこで見た外国製の自動車に魅了されたのが、岡山の資産家・森房造と楠健太郎。買うには高すぎて手が出ない、それならいっそ作ってしまおうと考えた2人は、現在の岡山市北区表町3丁目で電機工場を営んでいた山羽虎夫さん(昭和32年没)に製作を依頼します。

 神戸のイタリア人技術者の協力も得て、蒸気自動車の製作に着手。鉄の部品は足踏み旋盤を回して削り、ボイラーは近くの鋳物屋に特注、タイヤは大阪のゴム製造所に依頼。10人乗りの蒸気自動車が完成します。

 明治37年5月7日、いよいよ運転の日。コースは岡山市天瀬(表町)から三蟠村江並(新岡山港の近く)までの約10㎞。順調に走り出したものの、京橋付近でタイヤのトラブルが発生。その後修理を繰り返しながら、なんとか目的地にたどりついたといわれています。

 結局、このタイヤの問題が解決することなく、実用化には至らずじまい。その後、お蔵入りになっていた蒸気自動車のエンジン部分は買い取られ、昭和の初めまで使われていたとか。岡山城の内堀脇には、山羽さんの偉業をたたえる像(写真下)が建っています。

参考/「劇画・郷土の歴史 おかやまの交通・今昔物語」2000年、p51~94 発行/岡山放送、発売/吉備人出版

児童福祉

岡山人の支援も
大きな力に

福祉の原点・岡山孤児院

石井十次記念館

一般公開されている「石井十次記念館」は、岡山孤児院の今に残る唯一の建物。瓦ぶきの立派な建物で、〝粗末なものではなく、子どもたちに質の良い暮らしを〟との十次の信念が表れているようです

石井十次

「日本の孤児の父」「児童福祉の父」といわれる石井十次(大正3年没)

 宮崎県出身の医学生・石井十次が、岡山市中区門田屋敷の三友寺に「日本孤児教育会(岡山孤児院)」を創設したのは明治20(1887)年のこと。子どもたちを預かるだけではなく、世の中に役立つ立派な人になってほしいと、活版印刷・機織り・理髪業など多岐にわたる職業教育も実施し、孤児の教育に力を注ぎました。最盛期には、約1200人もの子供たちが岡山孤児院で生活していたといわれています。

 現在「新天地育児院」(地図)の敷地内には、岡山孤児院で子どもたちが生活していた家庭舎の1つが移築され「石井十次記念館」として、当時の面影を今に伝えています。

 「岡山孤児院は十次の活動を理解し、支援を惜しまなかった岡山の人々の偉業でもあります」とは、同育児院の梅里拓志院長と龍尾和幸副院長。

 「和気清麻呂の姉・広虫も都で孤児救済に尽くしました。岡山の人には〝人を助ける〟精神が脈々と受け継がれているのではないでしょうか」と話します。日本の福祉の原点となった岡山孤児院を広く知ってほしいと、昨年、季刊紙「十次館だより」を創刊。セミナー「となりの石井十次さん」も開催されています。

石井十次記念館
岡山市中区門田本町4-2-30
新天地育児院敷地内
TEL.086(272)1353
来館の場合は事前に電話で予約を。
http://shintenchi.heavy.jp/

「リビングおかやま」「リビングくらしき」2016年2月13日号掲載

ページトップ