特集記事

実は岡山はテンペ王国 ネバネバしない!? 栗のような風味!?美容に健康に大活躍


岡山県は有数のテンペ生産地。一口食べると、ハマるはず。テンペの魅力をレポートします。

実は岡山はテンペ王国 ネバネバしない!? 栗のような風味!?美容に健康に大活躍

もんげ〜岡山アイコン

 岡山県は全国的にも有数のテンペ生産地。スーパーなどで見かける人も多いのでは。とはいえ、「味にクセがありそうだし調理法も知らない」と、敬遠しているあなた。いいえ、そんなことはありません! 一口食べると、その魅力にハマるはず。しかも健康、美容にも効果的ときたら、試さないわけにはいかないでしょう。編集部が皆さんを代表して、テンペの魅力をレポートします。

須見先生

教えてくれたのは

須見 洋行先生

倉敷芸術科学大学 生命科学部 生命科学科 特任教授。 発酵食品の機能性などの研究を行い、血栓溶解酵素・ナットウキナーゼを発見するなど、大きな成果を上げている。日本テンペ研究会会員。岡山テンペ協会会長。

●500年以上の歴史を持つ無塩発酵食品・テンペ

 テンペは、ゆでた大豆に、白カビの一種・テンペ菌(リゾープス属)を加え、発酵させて作る無塩発酵食品。真っ白な菌糸がブロック状につながって形を成します。納豆のような強い臭いやネバネバ感はなく、味は淡白。栗のような香りや食感と評されることもあります。インドネシアでは500年以上前から食べられている伝統食品です。

 岡山県では、1980年代から岡山県工業技術センターを中心に、研究開発が進められ、平成16年に「岡山テンペ協会」が設立されました。以降、大学などでその機能性が研究されているほか、企業では商品開発が行われています。

●血中コレステロール低減効果、整腸作用、美白効果も

 インドネシアでは古くから日常食として食べられてきたテンペ。戦時中、オランダ捕虜収容所で赤痢や栄養疾患で悩む捕虜たちの消化器官を守ったという話もあり、強い抗菌性が注目されてきました。その栄養価について、岡山テンペ協会の会長を務める倉敷芸術科学大学・須見洋行教授に話を伺いました。

続けて食べると、おなかの調子もお通じもグッド

 「グルタミン酸、オレイン酸、ビタミンB群、カルシウム、鉄分、食物繊維などを豊富に含み、高い栄養価を誇ります。発酵させることで、大豆そのものに比べ消化吸収性も良くなります」と須見先生。「最近では血中コレステロールの低減効果、カルシウム吸収促進、動脈硬化の予防効果も報告されるなど活性酸素を消去して生活習慣病予防も期待されています。腸内ガスの生成を抑え、整腸効果も認められています」と話します。

 また、抗酸化作用が高く、美容と健康に良いと注目の成分・ポリアミンも豊富。血中コレステロール値を下げ、美白効果も期待できるなど、女性にとってはうれしい食品なのです。

テンペは鉄分や食物繊維が多い(100g当たりの数値)※Tr…極微量

  エネルギー(kcal) タンパク質(g) 脂質(g) カルシウム(mg) 鉄(mg) ビタミンK(μg) 食物繊維(g)
テンペ 202 15.8 9.0 70 2.4 11 10.2
ゆでた大豆 176 14.8 9.8 79 2.2 7 6.6
納豆 200 16.5 10.0 90 3.3 600 6.7
木綿豆腐 72 6.6 4.2 86 0.9 13 0.4
和牛(肩ロース) 316 16.5 26.1 3 2.4 7 0
豚(肩ロース) 151 20.6 6.8 4 1.3 Tr 0

●味にクセがなくどんな料理もOK

岩藤さん

岩藤佐知子さん

テンペ入りヨーグルト

 JA岡山女性部「今っ娘(いまっこ)会」では、平成14年から、県産「たまほまれ」を使ったテンペを手作りで行っています。「たまほまれは糖度が高く、テンペにすると、とってもおいしくなるんです」と代表の岩藤佐知子さん。

 テンペってどうやって食べるの?との疑問に「味にクセがなく、和洋中どんな料理にも合うのが特長です。お肉に混ぜると柔らかく、アクが出にくくなります。形も崩れにくく、サイコロ状に切って酢豚のお肉の代わりにするとヘルシーですよ。砂糖を加えて煮て、牛乳かんに混ぜてもグッド」とも。

 「無糖ヨーグルトにほぐしたテンペとはちみつを混ぜて食べるのがお薦め。テンペは冷凍のまま入れてもナッツのような食感が楽しめます。毎日食べておなかの調子が良くなったという人も多いです」と教えてもらい、早速編集部も挑戦。おいしくて手軽。これなら毎日続けられそうです。

 健康や美容に良いテンペは、継続して摂取することが大切です。JA岡山女性部「今っ娘会」の皆さんからテンペを使ったレシピを教えてもらい、編集部が挑戦しました。

テンペの衣が楽しい食感

鶏のから揚げ

鶏のから揚げ

材料(4人分)

鶏手羽肉 500g
酒、しょうゆ 各大さじ1 A
塩、こしょう 各少々
1個
小麦粉 適量
揚げ油 適量
レタス、トマトなど野菜 適宜

作り方

①鶏肉は一口大の大きさにそぎ切りし、Aをまぶして約10分おいておく
②テンペを細かく切ってほぐす
③①の鶏肉に小麦粉、溶き卵を付け、さらに②のテンペをたっぷり付けて、しばらく衣をなじませる
④揚げ油を170~180度に熱し、③の鶏肉に火が通るまで揚げる
⑤野菜とともに器に盛って完成

材料をミキサーにかけるだけ

お手軽テンペジュース

お手軽テンペジュース

材料(1人分)

テンペ 50g
バナナ 半分
牛乳 120~130cc

作り方

材料をすべてミキサーに入れて混ぜれば出来上がり
※写真はほぐした冷凍テンペを使用

今っ娘テンペ

常温だと発酵が進むので、冷凍保存を

 テンペは常温だと発酵が進み腐敗してしまうので、冷凍保存を(保存期間は約6カ月)。料理する30分~1時間くらい前に冷凍庫から出しておくと料理がしやすく便利です。

 今回使用したテンペは、写真の「今っ娘テンペ」。県産大豆・たまほまれを使って丁寧に作られています。

ブロック状(150g)270円は、JA岡山農産物直売所はなやか中央店、Aコープ高松、加茂川、西大寺の3店舗で取扱い。TEL.086-225-3231 JA岡山でも電話注文できます。

「リビングおかやま」「リビングくらしき」2016年10月29日号掲載

ページトップ