特集記事

図書館で「知的な秋」


上手に図書館を利用して、心豊かな秋を楽しみませんか。最新の活用法と秋のイベントを紹介します。

図書館で「知的な秋」

もんげ〜岡山再発見ロゴ

上手に図書館を利用して、心豊かな秋を楽しみませんか。
岡山の図書館の最新の活用法と秋のイベントを紹介します。

岡山県立図書館

デジタルコンテンツも充実の「ハイブリッド図書館」

イメージ画像

県立図書館は、児童書の新刊ほぼすべてを購入。子どもたちの本との 出会いを広げています

 来館者数・個人貸出冊数が、都道府県立図書館では11年連続全国一を誇る県立図書館。強みの一つが蔵書の充実です。新刊購入率は現在約50%で、これは東京都立図書館に次ぐ多さだそう。中でも児童書は新刊をほぼ全て購入。日本で新たに発刊される児童書のほとんどが見つかります。また、人文科学、児童、郷土、自然科学、社会科学など、6分野に専門の司書を配置。本探しや調べ物など、さまざまな相談にきめ細かに応えてくれます。

 同館は、紙の資料だけではなく、動画、音声、写真などデジタルコンテンツを使った資料も充実したハイブリッド図書館。HP内のデジタル図書館「デジタル岡山大百科」にアクセスすれば、手軽にさまざまなコンテンツを閲覧できます。

 「娯楽の提供だけでなく、生きていく上での課題解決の場になれば」と同館。本を貸し出すだけではない、新しい図書館のカタチを常に更新し続けています。

メディア工房

●動画編集やスタジオ撮影ができる「メディア工房」

 「昔撮影したビデオをDVDにしたい」「HPを作成したい」「スタジオでポートレートを撮影したい」そんな声に応えてくれるのが本格的な機器がそろう「メディア工房」。スタッフが常駐し、機器の使い方からサポートしてくれます。予約制で、撮影室は1時間1,270円から、編集加工室はPC1台1,360円から利用可。メディア工房で県民が制作したコンテンツは「デジタル岡山大百科」でも数多く公開中。※営利目的の利用は不可。詳しくは問い合わせを

メディア工房

●約150万曲が無料で聴き放題 音楽配信がスタート

 今年4月から、インターネットを利用した音楽配信サービス「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」を導入。県立図書館2階アクセスコーナーで利用できるほか、 自宅のパソコンからも図書館のHPにアクセスすれば無料で楽しめます(利用者カードとパスワードが必要。自宅PCの通信料は利用者負担)。クラシックを中心に、ジャズ、映画音楽など約150万曲の中から好きな音楽を選んで聴くことができ、音質の良さも好評。読書のBGMにもお勧めです。

  • イベント PICK UP

    県立図書館フェスタ…10/29(土)~11/6(日)の期間中、図書館を舞台に多彩なイベントが開催されます

  • ★ナクソスシアターコンサート
    10/30(日)14:00~15:30、2階デジタル情報シアター。ナクソス・ミュージック・ライブラリーの活用法の紹介と視聴。定員82人
  • ★ブックトレード
    10/30(日)・11/6(日)各日13:00~16:00、エントランスホール。お薦め本の交換市。現在、本とメッセージを受け付け中。
  • ★おかやま教育の日スペシャル講座「戦前期資料にみる岡山の図書館」
    11/1(火)13:30~15:00、2階多目的ホール。定員先着100人。要申し込み。
  • ★子育て応援セミナー「子育てを楽しもう!2016」
    11/3(祝)13:30~14:30、多目的ホール。手遊び、歌遊び、紙芝居、子育てに役立つ本の紹介。乳幼児から小学生までの子どもとその保護者。定員先着40組。要申し込み。
  • ★メディア工房体験
    11/4(金)13:30~(約1時間)、2階メディア工房。写真を加工した作品づくり体験。定員5組(1組1~3人)。定員を超えた場合は抽選。小学生以上が対象。

岡山県立図書館

岡山市北区丸の内2-6-30
TEL086(224)1286

図書館閲覧室利用時間:
火~金曜9:00~19:00、土・日曜、祝日10:00~18:00
休館日:
月曜 ※祝日の場合はその翌日、年末年始(12/29~1/3)

「岡山県立図書館 HP」http://www.libnet.pref.okayama.jp/
「岡山県立図書館 Facebook」https://ja-jp.facebook.com/okayama.pref.library/

岡山市立中央図書館

開館100周年!
対面朗読やスカイプによる代読サービスにも注力

 今年開館100周年を迎えた岡山市立図書館は、市内に10館、合わせて約160万冊の蔵書を誇ります。昭和20年の岡山空襲では、市内の寺に疎開させていた約300冊を除きほとんどの蔵書が焼失。戦後、市民からの寄贈などによって現在の基盤が築かれました。

 戦前から行っていた巡回文庫(リヤカーに本を積んで家庭などに配本するサービス)は、現在自動車を使った移動図書館に姿を変え市内173カ所を巡回。図書館が遠い地域に住む人や、障害や病気などで外出が難しい人たちに本を届けています。また、活字での読書が困難な人に向けた対面朗読や、スカイプを使った自宅で利用できる代読サービスにも注力。〝すべての人に書物を通して学ぶ機会を〟という創立以来の思いが今も脈々と受け継がれています。

ナポレオン法典

●最も古い蔵書は1808年 発刊の「ナポレオン法典」

 中央図書館に所蔵されている一番古い本は1808年にヨーロッパで発刊された「ナポレオン法典」。この本も個人から図書館に寄贈され、戦火を免れたもの。

ベストセラー本が並ぶコーナー

●読みたい本を読みたいときに…

 中央図書館では、〝読みたい本を、読みたいときに手にとっていただけるように〟と人気の本は冊数を増やして購入。希望図書の迅速な提供に力を入れています。

1階にはベストセラー本が並ぶコーナーも▶︎

絵本読み聞かせ体験

●0歳の赤ちゃんから参加できる
 ママのための絵本読み聞かせ体験が好評

 読み聞かせのコツを司書が伝授してくれる催し。対象は1歳ぐらいまでの赤ちゃんとその保護者。次回の開催は10/12(水)10:30~11:00、2階視聴覚ホールで。時間内は自由に会場に出入り可。

読書通帳

●自分だけの読書記録を「読書通帳」に残そう

 100周年を記念して子ども用の「読書通帳」が登場。読んだ本のタイトルや一言感想を20冊まで書いて記録できます。市立図書館のHPからダウンロード可。

  • イベント PICK UP

    10/27(木)~11/9(水)の秋の読書週間にちなんで、定例の「えほんのじかん」 「かみしばいのじかん」を、スペシャルバージョンで開催。いずれも参加自由。対象は幼児から。

  • ★えほんのじかんスペシャル
    10/12(水)15:00~15:45、1階おはなしのへや。「なにが入ってるの?」をテーマに絵本の読み聞かせなどを行います。
  • ★スペシャルかみしばい
    10/29(土)15:00~15:40、1階おはなしのへや。手あそび、かみしばいや絵本の読み聞かせ、簡単な工作などを行います。

岡山市立中央図書館

岡山市北区二日市町56
TEL086(223)3373

利用時間:
10:00~18:00、木曜11:00~19:00
休館日:
月曜※祝日または振休にあたる場合は開館。年末年始(12/29~1/4)、館内整理のため10/17(月)~26(水)は休館

「岡山市立図書館 HP」http://www.ocl.city.okayama.jp/
「岡山市立中央図書館 Facebook」https://www.facebook.com/okayama.city.central.library/

倉敷市立中央図書館

子育て、就職、障がい者支援…
生活に密着した多彩なサービスを提供

 生活に寄り添うさまざまな情報の提供に力を入れる倉敷市立中央図書館。2階のビジネスサポートコーナーには、起業支援の本や、資格試験のための参考書などを多数取りそろえ。仕事帰りの社会人の利用も多いそう。また、「こどもしつ」と一般コーナーの間には「子育て支援コーナー」があり、妊娠・出産や子育てに関する多彩な本が並びます。

 障がいなどで活字での読書が困難な人のために、点字や音声データなどで情報を提供する全国ネットワーク「サピエ」に昨年加入。会員登録をすれば中央図書館を介して、全国の加入施設が所蔵する点字・音声データを取り寄せることもできます。

 高梁川流域の7市3町(倉敷市・総社市・浅口市・笠岡市・井原市・高梁市・新見市・早島町・里庄町・矢掛町)の公立図書館なら、どこでも貸し出し・返却ができる相互利用サービスも好評。地域に開かれた図書館としてさらなる充実を図っています。

モダンなドア

●有名百貨店のカタログ撮影に使われたモダンなドア

 名建築家・丹下健三が手掛けた倉敷市立美術館と同じ建物内にある「こどもしつ」のドアはモダンなデザインで人気。この前で有名百貨店のカタログ撮影が行われたこともあるそう。

ベストセラー本が並ぶコーナー

●芸術の町・倉敷ならではの蔵書

 画集など芸術書が充実しているのも、大原美術館や市立美術館を擁する倉敷ならでは

こども読書通帳

●自分だけの読書記録を「読書通帳」に残そう

 読んだ本のタイトルや一言感想を書いて記録できる、「こども読書通帳」がリニューアル。80冊まで記録できるようになりました(読書通帳は館内で配布中)。通帳がいっぱいになったら「利子」として記念品をプレゼント。

  • イベント PICK UP

    ★おはなしカーニバルがやってくる
    10/22(土)11:00~11:40、こどもしつ。倉敷市内の図書館司書が集まるお話会。パネルシアターや紙の人形劇「ペープサート」などが上演されます。参加自由。

  • ★リサイクル本会
    11/26(土)9:30~16:00、27(日)10:00~15:00(両日とも12:00 ~ 13:00は除く)、2階読書室。図書館で除籍になった本や雑誌を1人20冊まで無償で譲渡。11/19(土)9:00から整理券を配布(来館者1人1枚のみ)

倉敷市立中央図書館

倉敷市中央2-6-1
TEL086(425)6030

利用時間:
月~土曜9:00~19:00、日曜、祝日10:00~18:00
休館日:
月曜(第1月曜は開館)、年末年始(12/29~1/4)。毎月最終金曜は館内整理のため休館

「倉敷市立図書館 HP」http://lib.kurashiki-oky.ed.jp/

調べ物の強い味方!「レファレンス」サービス

 司書が図書・雑誌・新聞などの資料を使って、利用者の知りたいことについて情報を提供してくれるサービス。県立図書館、市立中央図書館のいずれでも実施しています。

 「学ランの語源を知りたい」「岡山のナマズ料理を知りたい」など、県内の図書館に寄せられたレファレンス事例の一部は、県立図書館のHP内「デジタル岡山大百科」で公開中。図書館カウンターはもちろん、電話、ファクス、手紙、メールでも依頼を受け付けています。

「リビングおかやま」「リビングくらしき」2016年10月8日号掲載

ページトップ