特集記事

正しく処分すれば資源に 使用済み家電を 〝ごみ〟と呼ばないで!


不用品を捨てるとき、処分場所に迷ったことはありませんか。正しく捨てれば資源として再利用され、環境保護につながります。

正しく処分すれば資源に 使用済み家電を 〝ごみ〟と呼ばないで!

使用済み家電イメージイラスト

 新年を気持ちよく迎えるために、要らないものは年内に処分しておきたいものです。不用品を捨てるとき、処分場所に迷ったことはありませんか。特に迷う人が多い〝家電品〟の処分方法を取り上げます。ごみと思われがちな使用済み家電ですが、正しく捨てれば資源として再利用されます。あなたの小さな努力が、環境保護につながります。

民間企業の取り組み

リサイクル品は価値あるもの
「もったいない意識が生まれました」

常駐スタッフ

常駐スタッフが分別処理をサポート

回収の様子

回収の様子

 家電品の処理の新たな取り組みとして注目されているのが、平林金属が運営する「えこ便」。家庭で不用になったものを、車で持ち込むと無料で分別回収し、再資源化してくれるシステムです。スタッフ常駐型の資源回収システムは、全国的にも珍しく利用者が増えています。

 「えこ便 西古松局」(岡山市北区西古松1-34-16)には、1カ月平均100~120tのリサイクル品が持ち込まれます。持ち込んだ重量に比例して、ポイントがたまり、商品券などと交換可能なサービスも導入。同社えこ便事業部の片山穣さんは「リサイクルできる資源をごみではなく、価値あるものと認識してもらうために、対価を渡すことで、リサイクルの意識が高まれば」と話します。

 これまでに50回以上、えこ便を利用したという男性は、「処分に困る自転車や洗濯ざおなども回収してもらえてありがたい。今までごみとして捨てていたものが、きちんと分別することで資源になることが分かり、もったいないという意識が生まれました」と話してくれました。

 えこ便では、家電品以外の分別回収も行っています(下表)。また、12月8日(木)には、えこ便並木町局(岡山市南区並木町2-27-33)がオープン。

 利用可能な時間は、月~金曜の午前9時~午後7時、土・日曜、祝日の午前9時~午後5時。水曜定休(ただし28日は営業)。年内は、12月30日(金)まで営業。詳しくは☎086(241)0801えこ便事業部へ。

えこ便で回収できるもの

  • 小型家電全般、パソコン、携帯電話
  • 金属類(鍋、フライパン、スチールラック、自転車、ホイールなど)
  • アルミ・スチール缶
  • 古着(着用可能なもの)
  • 古紙類(新聞、ざつ紙、ダンボールなど)

回収できないもの

  • 家電リサイクル法対象の家電4品目(テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン)
  • 電気こたつ、電気カーペット、電気毛布など

※これらは、回収できると勘違いされやすいものです。このほかにも回収できないものがあります

 

◆えこ便ウェブサイト ▶ http://ecobin.jp/
◆えこ便で回収できるものの詳細はこちらで確認を ▶  http://ecobin.jp/kaisyu/

岡山市の取り組み

小型家電を回収してくれる場所は
市内に100カ所以上

協力店マーク

このマークの店舗へ持ち込む際は、店舗の営業時間内に

小型家電リサイクル専用のボックス

小型家電リサイクル専用のボックス

 岡山市では、使用済み家電品の資源化に取り組んでいます。小型家電リサイクル法の対象となる小型家電には、金やレアメタルなど、貴重な資源が含まれています。また、テレビやエアコンなど、家電リサイクル法の対象となる4品目は、正しく処理をしないと鉛やフロンをはじめとする、有害物質が流れ出し、土壌や水質を汚染する原因となります。

(1)電話機、ドライヤー、ゲーム機、デジタルカメラ、アイロンなど

 協力店マーク(右)のある、市内100カ所以上の電器店やホームセンターなどの窓口に持参すると無料で引き取ってもらえます。また、市内5カ所(下表)に設置されている小型家電リサイクル専用の緑のボックス投入口(30×15㎝)に入るものは、ボックスで回収もしています。

(2)扇風機、石油ファンヒーター、電子レンジ、電気カーペットなど

 (2)に分類される家電品は、市の戸別収集に依頼(家電品によって異なる料金が必要)するか、東部リサイクルプラザ(岡山市東区西大寺新地453-5)・西部リサイクルプラザ(岡山市北区野殿西町428-2)へ持ち込む必要があります(無料)。いずれも粗大ごみ受付センター☎086(227)5300へ電話で申し込みを。※電話は12/29~1/3を除く、月~金曜の9:00~16:00に

(3)テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン

 これらは、「家電リサイクル法」に従って処理しなければならない家電品です。「購入した小売業者」か「買い替えで同種の商品を購入する小売業者」に引き取りを依頼するのが一般的な処分方法です(有料)。

小型家電リサイクル専用ボックスの設置場所

  • 北区役所…北区大供1-1-1
  • 中区役所…中区浜3-7-15
  • 東区役所…東区西大寺南1-2-4
  • 南区役所…南区浦安南町495-5
  • 環境事業課(分庁舎6階)…北区大供1-2-3

受付日時/月~金曜の8:30~17:15 (祝日、年末年始を除く)

「ごみ分別アプリ」のメニュー画面

「ごみ分別アプリ」のメニュー画面


一目で分かるごみ収集日のカレンダー表示(ある地域の一例)

一目で分かるごみ収集日のカレンダー表示(ある地域の一例)

 「最寄りの小型家電リサイクル協力店はどこ?」「次の資源ごみはいつ?」「このごみはどうやって出したらいいの?」―。こんな方におすすめなのが、岡山市が今年9月から配信をスタートした「ごみ分別アプリ」です。

 これは、岡山市が配布している冊子、ごみ減量・リサイクルガイド「ど~すりゃ~ええ?」の内容を、解りやすく編集したもの。あなたの居住地域を登録すると、可燃ごみ、不燃ごみ、資源化物の週ごと、月ごとの収集日を一目で確認できるカレンダー(写真)で表示できます。

 出し方の分からないごみは、品目で検索すると処分の仕方が表示される便利な機能も付いています。また、アラート設定をすると、希望の時間に収集日を知らせてくれるので、出し忘れを防ぐことも。

 今回で紹介した「小型家電リサイクル協力店」も最寄りの施設を地図付きで表示。粗大ごみを回収する「東部リサイクルプラザ」「西部リサイクルプラザ」への持ち込み方法や持ち込める日時なども一目でわ分ります。

ダウンロードはこちらから

iPhone-ios端末用
iPhone-ios端末
Android端末用
Android端末

※対応OS:ios5.1.1以降、Android2.3以降※「App Store」または「Google play」で、「岡山市ごみ分別」で検索をして、ダウンロードも可

街中を宣伝しながら回収するトラックは、ほとんどが違法回収!
利用しないことが環境保護につながります

トラック型の家電回収イメージイラスト

 拡声器などで「家電品を回収します」と町内を回るトラック。利用したことがある人も多いのでは。

 環境省中国四国地方環境事務所では、「このようなトラック型の家電回収は、ほとんどが違法業者です。無許可で廃棄物の回収を行っているので利用しないで」と、チラシなどで呼び掛けています。

 また「空き地型」「チラシ配布型」「インターネット広告型」の回収もほとんどが無許可。回収された家電品の多くが、不法投棄されたり、金属スクラップにして海外へ輸出されているのが実態。金属スクラップから有害物質が飛散するなど、国内外で環境や健康への被害を引き起こしています。

 これらの業者に処理を依頼することは、さらなるゴミの山を生み、環境にマイナスの影響を与える環境負荷に協力していることになるのです。無料だからと、つい捨ててしまったごみの代償を払うのは、未来の子どもたちだということをお忘れなく。

ごみについてなど詳しくは岡山市環境局環境事業課へ
☎ 086(803)1298、または☎ 086(803)1321

「リビングおかやま」2016年12月10日号掲載

ページトップ