特集記事

アウトドアで楽しむ親子クッキング


簡単・リーズナブル・おいしい

 

簡単・リーズナブル・おいしい アウトドアで楽しむ親子クッキング

ぽかぽか陽気の中で、子どもと一緒にアウトドアクッキングを楽しんでみませんか。今回はバンビーニ読者モデルの森さん、江口さんファミリーとともに、身近にある道具と材料でできるアウトドア料理に挑戦。YMCA せとうちの白鳥雅人さんに
“手軽”で”おいしく”、”リーズナブル”にできる料理4品を教えてもらいました。(リポーター・頼実鮎美)

カセットコンロでもOK!

今回は、炭火のバーベキューコンロとキャンプ用バーナーを
使いましたが、まきやカセットコンロでもOK。パパたちが
炭をおこしている間に、ママと子どもたちで野菜切りに挑戦
しました。

★教えてくれたのは…

公益財団法人
YMCAせとうち
主任主事

白鳥 雅人さん

白鳥さん

<プロフィル>

YMCAでの指導暦21年のベテラン。
夏はカヌー、冬はスキーなどアウトドアスポーツから野外クッキングまで幅広く対応!

 

 
鮭のホイル焼き

ポイント 鮭のホイル焼きー焼く前
下にモヤシを敷く事で
焦げ付きを防止!
  • 半身がない場合は、切り身を
    人数分使ってもOK
  • 焦げ付かないように、中の
    様子を時々チェックしてみて

 

半身を豪快に使う

鮭のホイル焼き

野菜たっぷりでヘルシー。
ポン酢でさっぱり感アップ!

 

材料(4人分〜)

  • 鮭の半身…60g
  • キャベツ、ニンジンモヤシ、玉ネギ、
    シメジなど好みの野菜ときのこ類…適量
  • サラダ油…少々
  • 塩・こしょう…少々
  • ポン酢…好みで適量
  • アルミホイル
 

作り方

  1. 塩鮭を使う場合、事前に好みの塩加減になるまで塩抜きしておく。
  2. バーベキューコンロで炭をおこす。
  3. 炭をおこすのと同時に、野菜ときのこを食べやすい大きさに切る(火の通りやすさから、小さめがオススメ)。
  4. 大きめに広げたアルミホイルにサラダ油を薄く塗り広げる。
  5. モヤシ、サケ、その他の野菜の順番で重ねていき、好みで塩・こしょうする。上からアルミホイルで包む。
  6. 網の上に5.を置き、約20 ~ 30 分蒸し焼きにする。好みで、スライスチーズを乗せて、余熱で溶かして完成。
 
焼きリンゴ

ポイント  
  • 炭の上に置くときは、穴を開けた方が上になるように注意

 

炭火でじんわり

焼きリンゴ

リンゴとバターとシナモンが
黄金の組み合わせ

 

材料(3、4人分)

  • リンゴ…2個
  • スティックシュガー…2本
  • チューブバター…適量
  • シナモンパウダー…好みで少々
  • アルミホイル
 

作り方

  1. フォークなどでリンゴの芯をくり抜く(貫通しないように注意!)。
  2. くり抜いた穴に、スティックシュガーとバターを適量入れて、好みでシナモンパウダーをふる。
  3. アルミホイルでリンゴをしっかりと包む。
  4. 弱めの炭火の上に直に乗せて約15~20分焼いたら完成。切り分けていただきます。
 
ホットサンド

ポイント  
  • 焼き立てはチーズがトロトロ。熱々のうちに召し上がれ
  • 炭を使わずに調理できるので、朝ごはんにオススメです!

 

牛乳パックでお手軽

ホットサンド

外はカリカリ、中はふっくら。
とろとろチーズが絶品!

 

材料(4、5人分)

  • 6枚切り食パン…2斤
  • 薄切りハム…6枚
  • スライスチーズ…6枚
  • 牛乳パック…6個
  • アルミホイル
 

作り方

  1. 食パン2枚の間にハムとチーズを挟み、包丁で縦半分に切る。
  2. 切ったパン2つ分を合わせてアルミホイルで包み、牛乳パックの中に入れる。
  3. 牛乳パックの口部分を下にして火を付けて、火が消えたら完成。
 
ポトフ

ポイント  
  • 固形ブイヨンの分量はお好みで
  • バーナーやコンロで手早く作れます

 

放っておくだけ

ポトフ

ホクホク野菜に子どももにっこり。
体も温まります。

 

材料(4人分)

  • 水…600ml
  • ジャガイモ、ニンジン、玉ネギなど好みの野菜…適量
  • ソーセージ…1袋
  • 固形ブイヨン…2個
  • 塩・こしょう…少々
 

作り方

  1. キャンプ用バーナーで湯を沸かす。
  2. 湯を沸かしている間に、野菜とソーセージを食べやすい大きさに切る。
  3. 湯が沸いたら、野菜とソーセージを入れる。
  4. 野菜に火が通ったら、固形ブイヨンを入れ、塩・こしょうで味を整えて出来上がり。
 

左から、
森元則さん、郁方さん、
結菜ちゃん(4歳)ファミリーと
YMCAの白鳥雅人さん、
江口輝真くん(4歳)、
香織さん、佳章さんファミリー

 

アウトドアクッキングのポイント

  • 火を使うので、軍手は綿100%のものを。あれば、皮手袋がベターです。
    衣類も綿製品のものがよいでしょう

  • なるべく長ズボンを着用しましょう

  • 香水やオーデコロンはNG。ハチが寄ってきます

  • 自宅で野菜を切るなど下準備をしていくと、ゴミの量が少なくて済む上、時短にもなります

「リビングおかやま」「リビングくらしき」2014年4月19日号掲載

ページトップ