特集記事

ずっと 残したい!わが町自慢のモノや風景 まちを歩けば〝世間遺産〟


ずっと 残したい!わが町自慢のモノや風景 まちを歩けば〝世間遺産〟

ずっと 残したい!わが町自慢のモノや風景 まちを歩けば〝世間遺産〟

世界遺産のような立派なものではないけれど、私たちの町の中にも、後世に残していきたい世間遺産がたくさんあります。その魅力、楽しみ方を倉敷芸術科学大学 観光学科教授の濱家輝雄さんに聞いてみました。

濱家さんが認定!

私が散歩道で見つけた
世間遺産です。
皆さんも町歩きを楽しんでください

濱家さん

濱家輝雄さん

テレビ・ラジオアナウンサーとして番組を多数担当。
退職後、2010年から倉敷芸術科学大学教授に就任。
観光学科長として、教壇に立つ

京橋の橋脚

京橋の橋脚

柱のカタチは丸でも四角でもなく八角形。水の抵抗が少なくなるように工夫されているんだそう。知恵と努力が積み重なって今の京橋がある!

道路元標
里程元標

京橋交番の横にある道路元標と里程元標

明治~大正時代に設置された岡山県里程元標(右)と道路元標(左)。
当時の陸上交通の賑わいなど、ロマンを感じます

自由な発想で〝おらが町〟を面白がり、誇りが持てるように

散策マップ「にいみ世間遺産まち歩き」

住んでいる町の魅力を聞かれて「うちらの町は、な~んにもない所よ」なんてことを言っていませんか。本当にそうでしょうか。

「名所、旧跡のようにみんなが行く場所だけに価値があるのではありません。どんな町にも人々の〝暮らし〟があり、そこから生まれた〝遺産〟がたくさんあるはず」と濱家さん。

世間遺産は、写真家の藤田洋三さんによる造語。「認定基準は特になく、誰が決めてもOK。建物やお店、風習、風景…。昔から暮らしの中にあり、その土地にしかないもの、暮らしの息づかい、暮らす人の思いが伝わるものなど、身近な物事でよいのです。ほかの誰かに伝えたい、100年先も変わらないでほしいと思ったら、それが世間遺産。難しくとらえず、自由な発想で自分の住む町を〝面白がる〟ことで、興味や愛着がわき、誇りが持てるようになるのでは」と話します。

世間遺産で町おこしをする動きも始まっています。

新見市の「新見御殿町まち歩きガイドの会」では、昨年、散策マップ「にいみ世間遺産まち歩き」(上の写真)を発行。「世間遺産を通して、観光客に町の魅力を知ってもらおうと
作ったものですが、町の〝財産〟をあらためて知ることができたと、地元
の人からもお礼を言われるんです」とは、同会リーダー・大西洋さん。

白猫「のんびり街歩きを楽しむにゃ〜」

濱家さんも昨年、授業の一環で学生と新見の世間遺産を訪れました。「ガイドさんから世間遺産に秘められた物語を聞くことで、情景が思い浮かび、思いを共有することができる。心が温かくなりました。代々語り継いでくれる人も大切な世間遺産なんだと思います」

ほかにも認定したい

吉備津神社の桃太郎像

独特の愛嬌のある吉備津彦神社の桃太郎像

禁酒会館

岡山大空襲からも残り、今も凛とたたずむ禁酒会館

井戸ポンプ

まだまだ現役選手!北区柳川交差点の井戸ポンプ

可知小学校の樟

141年前の創立以来、子どもたちを見守ってきた岡山市立可知小学校の樟(くすのき)

下津井電鉄の車両

廃線後も地元の有志によって維持・修復が行われている下津井電鉄の車両

鶴形山から臨む

鶴形山から臨むふるさとの風景

本町エリア

伝統家屋に暮らしが息づく本町エリア

素隠居

倉敷の祭りに登場する素隠居。うちわでたたかれるとご利益があると言われている

あなたの世間遺産を大募集!

ここぞと思う場所(詳しく)や風景、風習などを写真、認定理由(どうして残したいと思うのか、あればエピソードを100文字程度)、応募者の住所(〒)、氏名、年齢、電話番号を明記の上、封書で
〒700-8613(住所不要)岡山リビング新聞社「世間遺産」係へ。
Eメールo-living@okayamaliving.co.jpでもOK
※携帯電話の画像は高解像度モードで撮影を。アプリなどでの加工不可。プリント写真は返却します。

「リビングおかやま」「リビングくらしき」2015年3月21日号掲載

ページトップ