特集記事

5月5日「こどもの日」は家族で楽しめる ホットプレートパーティー


もうすぐゴールデンウイーク。「こどもの日」には、ホットプレート料理を囲んでホームパーティーはいかが。

5月5日「こどもの日」は家族で楽しめる ホットプレートパーティー

 もうすぐゴールデンウイーク。「こどもの日」には、ホットプレート料理を囲んでホームパーティーはいかが。ホットプレートLOVEな料理家・かめ代さんの十八番メニューを公開。いつもの食材でオムライスから、野菜サンドバーグ、バナナクレープ・キャラメルバナナまで簡単に作れます。

かめ代さん

教えてくれたのは

かめ代さん

PROFILE:料理家・かめ代こと亀山泰子さん。
リビングおかやま・くらしきで月1回「今晩、すぐに作れる!ラクラクごはん」を連載中。
「ホットプレート黄金レシピ」「ホットプレート黄金レシピ2」(イカロス出版)など著書多数

アツアツ料理をみんなで囲めば会話が弾んで、元気になります

 ホットプレート歴20年以上のかめ代さんにその魅力を伺うと「火が均一に通りやすく、温度管理もラクなので、ホットプレート初心者でもいろいろな料理に挑戦できることです」。

 今回は身近な食材で作れるごちそう4品を教えてくれました。「家族でワイワイ作って、アツアツの料理をみんなで分ければ、おいしさもひとしお。会話も弾んで元気になります。小学校中学年ぐらいのお子さんなら、野菜の型抜きやオムライスの飾り付けをしたり、ハンバーグを練ったり、クレープのチョコを入れたりと楽しく作れますよ」

黒住さん一家

黒住卓さん(38歳)、美紀さん(同)
はな乃ちゃん(9歳・小4)、駿太郎くん(7歳・小2)

読者モデルの黒住さん一家「作ってみました!」
 オムライスは大きな鶏肉とバターのコク、タマネギの甘みが相まって、モリモリ食べられる味でした。子どもが型抜きをしたり、肉ダネを丸めたりして楽しく作っていたのがハンバーグ。野菜が主張しないので、野菜が苦手なお子さんでもおいしく食べられるのではと思います。バナナのデザートも◎。クレープは甘いもの好きな主人が「また作ろう」と言っていたので、楽しみにしています。

\調理のPOINT/
1今回使用したホットプレートのサイズは、 幅50.5×奥行き31×深さ2.1㎝。サイズに合わせて、材料の分量や調理時間を調整してください。
2温度設定や加熱温度は機種によって差があるため、様子を見ながら最適な温度を見つけてください。
設定温度に達するまでに時間が掛かる場合があるので、しっかり予熱をしてから調理してください。
3温度設定が低温、中温、高温のみの場合は低温が140~160℃、中温が180~200℃、高温は230~250℃が目安です。
4ヘラは2本あると調理しやすいです。金属ヘラが使えないプレートの場合は、フッ素樹脂加工のヘラを使ってください。
紺色の帯の部分は、温度設定のポイントです

ごろごろチキンのビッグオムライス

マスキングテープに
絵を描いて作った
こいのぼりを
飾ったよ。
オムライスおいしい!

ごろごろチキンのビッグオムライス

材料(4~5人分)

<チキンライス>
・温かいごはん…3合分
・鶏もも肉…600g
※余分な脂を除き、3㎝角に切る
・タマネギ…1個(200g)※1cm角に切る
・マッシュルーム…10個(100g)※3mm厚さに切る
・ケチャップ…カップ1強(好みで多めにしても可)
・バター…20g ・塩…小さじ1 ・コショウ…少々
<卵液> ※混ぜておく
・卵…4個 ・牛乳…大さじ4 ・塩…少々
<デコレーション用>
ゆでたニンジン・アスパラガス、ミニトマト、ひと口チーズ、日の丸ピック(100円ショップで購入可能)、折り紙で作ったこいのぼりをつけた竹串、マスキングテープやリボンをつまようじに巻いた旗
ごろごろチキンのビッグオムライス
ごろごろチキンのビッグオムライス
ごろごろチキンのビッグオムライス

作り方

1.鶏もも肉は塩、コショウを全体に振り、下味を付ける。ホットプレートを250℃(高温)で熱し、 バターを入れる。バターが焦げやすいため、すぐに鶏肉を入れて炒める

2.鶏肉が白っぽくなったらプレートの端に寄せ、中央部分でタマネギとマッシュルームを炒める

3.タマネギが透き通ったら鶏肉と合わせて炒める。さらにケチャップを加えてよく炒める。※プレート全体に広げ、水分を飛ばすようにして炒めると、チキンライスがべとつかず、香ばしくなる

4.3.にごはんを入れて炒め、味見をして、塩やケチャップ(分量外)で味を調える

5.2本のヘラで4.を中央に寄せ(写真A)、ヘラの背で下から上になでつけ、だ円形に整える(写真B)

6.140℃(低温)に下げ、卵液を5.の周りに流し込む(写真)。均等に行き渡らなければ、プレートを両手で少し傾けて全体に広げる

7.卵が好みの硬さになったら保温にする。ケチャップ(分量外)で曲線やイラスト、文字などを卵の上に描く。つまようじに刺した型抜き野菜などで飾り付けをする

8.先にチキンライスを取り分ける。ライスの上にヘラでカットした卵をのせていただく

 野菜サンドバーグには「端午の節句」のお祝いでよく使うタケノコを。真っすぐにすくすく育つことから、男の子の健やかな成長を願うという由来があり、縁起の良い食材です。バナナクレープとキャラメルバナナはワクワクしながら作れて、家族みんなが笑顔になるおいしさです。

タケノコやニンジンもパクリ

野菜サンドバーグ

野菜サンドバーグ

材料(4~5人分) 調理にはフタを使用

・パン粉(乾)…1/2カップ
・牛乳…1/4カップ ・合びき肉…400g ・溶き卵…1個分
・タマネギ…1/2個(100g) ※みじん切り
・片栗粉…大さじ3
・油(香りのないもの)…大さじ

<下味>
・酒…大さじ1 ・塩…小さじ1/2 ・コショウ…少々
<サンド用の野菜>
・ニンジン…1本(200g) ※5mm幅の輪切り
・タケノコ(水煮)…200g ※5mm幅のくし形切り
・カボチャ…1/8個(200g) ※5mm幅のくし形切り
※オムライスの飾りで型抜きした後のニンジン・カボチャのほか、ズッキーニやあく抜きしたナス・レンコンなど好みの野菜を使用してもOK
<焼き野菜>
・アスパラガス…5本(100g) ※根元の固い部分はむき、4cm長さに切る
・ミニトマト 10個(100g ※ヘタをとる
ソース3種バーベキュー/ニンニクマヨしょうゆ/おろしポン酢
<ソース3種>※それぞれの調味料を混ぜておく
①バーベキュー
トマトケチャップ・ウスターソース…各大さじ3、粒マスタード…少々
②おろしポン酢
ポン酢…大さじ6、大根おろし・刻みネギ…適量
③ニンニクマヨしょうゆ
ニンニク(すりおろし)…少々、マヨネーズ…大さじ4、 牛乳…大さじ2、しょうゆ…小さじ1

作り方

1.パン粉を牛乳に浸しておく

2.ボールに酒、塩、コショウを入れて混ぜ、ひき肉を入れて、白っぽくなるまでよく練り混ぜる

3.2.に1.と溶き卵を入れ、粘りが出るまで練り混ぜる。タマネギを加えてさらに練り、直径約4cmの小さな円形(約30個)に成形する

4.ビニール袋に片栗粉を入れる。野菜を入れて袋を振り、粉をまんべんなくまぶす(粉を付け過ぎると、肉ダネを挟んだときに野菜が取れやすくなるので注意)。野菜で肉ダネを挟み、両手でギュッと押さえて形を整える。表面はカボチャ、裏面はニンジンなど種類を変えてもよい

5.200℃(中温)に熱して油をヘラで全体に広げ、④を並べてふたをし、約3分加熱する。こんがりと焼けたら裏返し、アスパラガスとミニトマトを入れてさらにふたをして約3分加熱する。焦げないように、様子を見ながら温度を調節する

6.全体に火が通ったら保温にし、ソースをかけていただく

くるくる巻くのが楽しい

バナナロールクレープ

バナナロールクレープ

材料(2本分) 調理にはフタを使用

・大きめのバナナ…2本
※曲がっていたら手で軽く両端を引っ張り、なるべく真っすぐにしておく
市販の板チョコレート…1枚
油(香りのないもの)…適量

<クレープ生地>
・卵…1個
・砂糖…10g
・薄力粉…40g ※ふるっておく
・牛乳…1/2カップ
・溶かしバター…10g
バナナロールクレープ
バナナロールクレープ

チョコは
塊のまま
ゆるく溶ければOK

バナナロールクレープ
バナナロールクレープ

作り方

1.卵、砂糖、薄力粉、牛乳、バターの順にボウルに入れ、そのつど泡立て器で混ぜ、冷蔵庫で約30分寝かせる

2.140℃(低温)で熱し、クッキングペーパーで油を全体に薄くなじませる。1.を入れて、プレートを両手で持ち、少し傾けながら全体に生地を行き渡らせる

3.表面が乾いてきたら、電源を「切」 にし、板チョコを手で小さく折って並べる。後でバナナを巻いたときにチョコがはみ出ないよう、巻き始めと巻き終わりの部分を空ける(写真)。ふたをして余熱で約1分置く。チョコが溶けたら、クレープにヘラで切り込みを入れる(写真)

4.クレープの大きさに合わせてバナナの両端を切り落とす。クレープの右端にバナナを置き、ヘラで転がしながら巻いていく(写真)。
※プレートに触ると、やけどするので注意

5.4.が冷めたら、半分にカットしてお皿に盛る。または、ワックスペーパーに包み(写真)、1/2本または1本まるごと食べてもよい(ワックスぺーパーは100円ショップで購入可能)

アツアツ×ひんやりがたまらない

キャラメルバナナアイス

キャラメルバナナアイス

材料(2人分)

・バナナ…1/2本分
(クレープで切り落とした両端のバナナを入れてもよい)
・砂糖(白砂糖、グラニュー糖、きび砂糖など)…大さじ1
・バニラアイス…適量
・ミントの葉(あれば)…適量
・シナモン(好みで)…適量

キャラメルバナナアイス
キャラメルバナナアイス

作り方

1.ホットプレートに砂糖を敷く。砂糖(写真はきび砂糖を使用)の上に輪切りにしたバナナを並べ、200℃(中温)で熱する※バナナは砂糖が溶けて、キャラメル状になるまでさわらないこと

2.砂糖が溶けて、こんがりときつね色になったら(写真)裏返す。片面も同様に焼けたら、焦げないようすぐに取り出す

3.2.の粗熱が取れたらアイスにのせ、ミントの葉や可愛いピックを添えれば完成(ピックは100円ショップで購入可能)。シナモンをかけてもよい

「リビングおかやま」「リビングくらしき」2016年4月23日号掲載

ページトップ